プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
2017/05/22 [Mon]17:09
category:放言
昨日のNHKの「ためしてガッテン!」”健康で長寿のカギは見えてきた!!米国最新研究・将来の平均寿命が100歳に?ある検査項目が目安に”。血液検査はするが、中性脂肪とか肝機能等の数値しか見なかった。昨日の意見では一番下に書いてあるCRPが重要とのことだった。炎症や感染症を調べる指標「CRP」とは?3が基本で限りなく0に近づくに従って健康の証拠だ。ただ心配なのは、先にも述べたように金食い虫の、胃ロウや寝たきりの病人ばかりでは、国家財政が保てるかどうか。昭和維新の歌ではないが、”病人栄え国亡ぶ”である。そのために、先ず議員定数と歳費を大幅にカットし政治家が範を示すべきと考える。

炎症や感染症以外にも重大な疾患が見つかる、血液検査

炎症 感染症
人間ドックなどで行われる血液検査には炎症や感染症を調べるものがある。例えば鼻水が出る、虫に刺されて赤くなる、細菌やウイルスで熱が出る、のどが腫れるなどはすべて「炎症」反応だ。感染症はインフルエンザや風邪などがなじみ深いが、人から人に感染するものだけでなく食べ物や動物から感染するものもある。

炎症や感染症はたいてい身体になんらかの症状が見られるため、この検査は“隠れた病気を見つける”には役立たないように思われるかもしれない。しかし実際はがんや心筋梗塞を見つけるための足がかりともなる、重要な検査といえる。
span>

  COMMENT(0)
 100歳時代
2017/05/09 [Tue]08:54
category:放言
 「人生100年生きていくことが当たり前になる未来に、もはや戦後のやりかたは通用しない」
と、昨年4月13日、小泉進次郎代議士らは「2020年以降の経済財政構想小委員会」でこう提言し、高齢者にかたよる社会保障を見直す必要性を訴えた。
厚労省の調査によれば、100歳以上の高齢者の数は、2015年9月の時点で6万1568人。50年前には198人にすぎなかったが、98年に1万人、2007年に3万人、12年には5万人を突破し、昨年は6万人を超えた。そして将来は、国際長寿センターの推計では、20年には12万8000人、30年に27万3000人、40年に42万人、そして50年には68万3000人倍々ゲームの勢いで増えていくと見られている。文字通り、100歳が「当たり前になる未来」である。医学の発達で日本人の平均寿命は限りなく100歳に近付きつつあるが、それは寝たきりの老人と病気の不健康寿命老人に支えられている。一般的には儒教的な国以外食べられなくたら寿命の終わりだが、日本では、胃ロウといって胸を切開して食べ物を入れる。
胃ロウするような人は高齢で寝たきりが多く殆どが介護5で治療費は、介護保険か医療保険からでる。それだけでも年間400万=500万だが血圧の高い人には降圧剤を使うし、腎機能が落ちた人には人工透析。その費用は月額40万ー50万といわれている。
2010年からから30年間で、75歳以上の後期高齢者は800万人前後増え、1・5倍に膨れ上がる。ただ全国一律に増加するのではなく、増加分の50%は国土の7%えお占めるし首都圏、関西圏、中京圏に集中している。
現在でも、医療介護の施設が不足し、火葬に渋滞がおき順番待ちが続いているという。
私は遺言に一、延命治療はしないで下さい。
       一、痛まないように死なして下さい。
span>

  COMMENT(0)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ