プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
不倫は文化か?
2017/07/13 [Thu]19:59
category:放言
◎  月刊『文芸春秋』八月号に”村上水軍”の末裔・当選10回「ミスター自民党」こと村上誠一郎「が諫言する>>『安倍首相が自民党を劣化させた』span>  -これでは法治国家とは言えない。人心を一新するしかないー。
久しぶり気骨のある文に出会った。自民党支持者や自民党愛する人に是非読んでもらいたい。

◎ 『父の愛人に娘が会いに行く』-瀬戸内寂聴 X井上荒野(作家で光晴の娘)の対談
”全身小説家”井上光晴の破天荒な生活とは?
寂聴の作品は数多く読んだが、出家した動機が乱れた男性関係との決別とは知っていたが、井上光晴との不倫の清算とは、この対談を読んで初めて知った。井上光晴も破天荒なら、寂聴も輪をかけた破天荒振りであった。東京女子大を卒業するや否や、上海の大学で教鞭を執っている男性と結婚し一女をもうけ、敗戦で帰国するや、主人と娘を捨てて、主人の教え子と駆け落ちし、山形県出身の、妻子もちの貧乏作家と8年に及ぶ三角関係の不倫生活にあり、その状況を小説に書きそれぞれベストセラーになった。私は彼女を尊敬し著書の多くを読破している。
出家に際し、作家で大僧正の今東光氏が男断ちを誓約させられたが、ネットで調べてみると男関係があったようだ。彼女もやっぱり”人の子”だった。
一方、井上光晴をネットで調べてみると、長崎の出で独学で作家になり、一時共産党に入党していたが意見の違いで離党、文学少女の多くに手をつけ、ドンファンの名をほしいままにしていたという。
  COMMENT(0)
水の恐怖
2017/07/10 [Mon]10:35
category:放言

>読売新聞社は7~9日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は36%で、前回調査(6月17~18日)の49%から13ポイント下落し、2012年12月の第2次安倍内閣発足以降で最低となった。

 不支持率は52%(前回41%)で最高となった。支持率は2か月で25ポイントの大幅下落となり、安倍首相は厳しい政権運営を強いられそうだ。
首相は9日午前(日本時間9日夜)、内閣支持率の落ち込みについて、訪問中のストックホルムで記者団に「国民の声として(しんし)に受け止めたい。政策を前に進め、結果を出していくことで信頼を回復していきたい」と語った。
第2次内閣発足以降、内閣支持率が30%台に落ち込んだのは初めて。これまでの最低は、安全保障関連法成立直後の15年9月調査の41%だった。不支持率が支持率を上回ったのも15年9月以来で、不支持の理由は「首相が信頼できない」49%(前回48%)が発足以降で最高となった
 
 以上は、自民党寄りといわれている読売新聞の記事である。安倍総理は解党的大改革をやるべきだ。自分のメンツや保身だけ考えた微温的な党の役員や閣僚人事でお茶を濁していては、国民の支持は得られないないだろう。。
 東日本の大地震による津波といい、今回の記録的な大水害といい水の恐ろしさを見せ付けた。肉親を失い家を流され、呆然とと佇む人々をテレビで見ると気の毒で気の毒で、胸がが張り裂ける思いだ。一日でも早い復興を祈る。

友人の一人で、殺しても死なないような頑健なKさんがガンに侵されたという。親しいだけに我が身に降りかかったような災難のような思いだ。本人は意外と元気で、手術は止めて制癌剤で治療するつもりだと言っていた。元気になって欲しいと願っている。私も悲しい哉、靴下やパンツも独りでは履けないほど弱っている。

  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ