FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
演歌孝
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
『邯鄲の夢』ー馬齢を重ねて79年。
2008/04/01 [Tue]08:17
category:日記
 昭和4年4月1日、エイプリルフール(1929年)の日に、この世に生をもうけて、79年が経った。
 正確には、3月10日(陸軍記念日)だったらしいが、両親が教師をしていた関係で、学年末の多忙さのあまり届けが遅れ、慌てて早生まれギリギリの4月1日に届けたそうである。
 幼い頃、腺病質のため、病気ばかりをして、早生まれなのに、遅生まれで小学校に入学した。主治医から20歳までの寿命だろうと、ご託宣を受けたそうだが、歌の文句ではないが、北島三郎の“はるばる来たぜ、函館”ではないが、よくぞ79年も大病もせず今日まで生きてきた。 思えば、戦争、敗戦、混乱、そして繁栄と波乱の人生だった。
コムシティの破産までは、順風満帆の人生だったが、死ぬ寸前になって、こんな苦労をするとは思わなかった。考えても、歴史を読んでも、“これも人生、あれも人生”である。平坦な人生を全うする人間は少ないようである。
 どうせ「人生は墓までの一里塚」、一度は死ななければならないなら、「人間棺を覆うて終わる」というように、最高の幸せな末期は、西行の“願はくは、桜の下で春死なむ”ではないが、管を穴という穴につながれ、苦しみ痛みながら死にたくないものである。目が覚めずに死にたいもだ。これも持ってうまれた運命か。

 以上のような人生観、死生観を持ちながら、煩悩からは逃れることなく、日々の瑣末に悩まされ苦しみながらの毎日である。
昨日の私のブログに対してのRH氏のコメント「500以上の地方議会がNO!といった新・医療制度」は 何が何でも読んで頂きたい。あなたの老後の人生に重大な影響があるからだ。“高齢者は死ねということか”
“知らぬが仏”ではないが、年金を手にしたら愕然となるだろう。
 「ガソリンの暫定税率」どころの騒ぎではない。
総選挙があつたら自公に鉄槌を下そうではないか。
 

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
北京五輪が挫折すれば混乱、分裂が予測される中国
日本の大新聞が意識的にとりアツかっっていないか、縮小している問題について書く。それは北京オリンピックに失敗すれば、中国は大分裂か、大混乱に陥る危険があるというコトだ。

その象徴的な事件は、チベット騒乱である。どうやら、その後もデモや抗議集会が散発しているようだが、注目されるのはカリスマ的指導者、ダライラマ14世が二、三ヵ月中に、日本もふくめ欧米訪問の旅に出るコトだ。

この旅で最大の焦点は、ダライラマ師がブッシュ米大統領と会見できるか、どうかだろう。ブッシュ大統領はいまのところ、北京五輪開会式出席の予定を変えていないが、ダライラマ師と会えば”北京五輪挫折”の方向に、風向きが変わってくるかもしれない。

北京五輪の聖火は、ともかくも天安門広場に着き、胡錦濤主席らに出迎えられたが、反面、中国では次ぎのようなコトが起こっている。いずれも大漢民族主義(中国の人口の90%が漢民族で周辺に浸透)支配に反対する少数民族封殺の動きである。

(1)香港紙などの報道によれば、新彊ウイグル自治区のホータンで、3月23,24両日、「世界ウイグル族代表大会」があり、アトで女性を主にした反北京的な千人余りのデモが行われ、うち約五百人が検束された。同自治区の”首都”ウルムチ空港は中国軍の厳重な管理下にある。
(2)ロイター電によれば、内モンゴル自治区で反体制派指導者と見られていたジランバヤリン・ソヨルト氏がモンゴル国(同じモンゴル族だが別個の独立国)の首都、ウラバートルから最近、帰郷したところを、北京空港で逮捕された。ソヨルト氏はウランバートルに”亡命”し、現在はモンゴル国籍である。
【2008/04/01 09:31】 URL | R.H. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ