プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
聖火リレーをチベットから離す
2008/03/23 [Sun]10:15
category:放言
北京五輪の聖火リレー・コースからチベットを外せ、個人的に五輪不参加表明の選手ふえるチベット騒乱の際、中国軍がとった軍事的弾圧に対する抗議デモは、18日も欧米各地で繰り拡げられたが、ロンドンに本部を置く人権擁護団体『自由チベット推進キャンペイン』は、いまや”流血と抑圧”の舞台と化したチベットと、やはり定住チベット族の反抗が続く青海、四川、甘粛などの各省を、北京オリンピックの聖火・通過ルートから外すよう、国際オリンピック組織委員会(IOC)に申し入れた。もちろん”聖山”チョモランマ(エベレスト)登頂を、聖火リレーの順路に組み入れることにも、反対している。パリに本部を置くジャーナリスト団体『国境なき記者団』は、中国の一方的な情報統制を遺憾とし、外国人記者の早急なチベット入りと、その報道を認めるよう、中国政府に要請した。

中国に対する反発は、西欧諸国が最も激しく、オランダ政府は18日、同国の中国駐在大使を召還して、遺憾の意を表明した。イタリアの大衆紙、レブブリカは17日、インターネットによる読者世論調査の結果として、回答者の96・1%まで「北京五輪をボイコット」と答えて来た、と報道した。中国と同じ国情のロシアは、チベットを「不可分の中国領土」として、中国軍の制圧行動を支持したが、19日からの米ロ外相、国防相会談に出席のため、ワシントンを発ったライス米国務長官は、記者団に対し「中国政府とダライラマ”法王”との対話を、一刻も早く始めるべきだ。中国もダライラマ”法王”の精神的権威を尊重しなければならない」と語った。

国家またはスポーツ団体からの北京五輪ボイコット機運のほか、スター選手が、中国をめぐる”妖気”にイヤ気がさして、個人的に北京五輪不参加を表明する動きも、浮上している。これは、チベット騒乱に見られるような政治問題だけでなく、オリンピック会場・北京の大気汚染や、食材の不衛生性などについても、懸念があるためで、マラソンの世界記録保持者、ハイレ・ゲブレシラシエ選手(エチオピア)は喘息を理由にして、北京五輪不参加を表明した。ドイツの五輪馬術四回連続優勝者、ルドガー・ビアバウム選手や、欧州女子槍投げ記録保持者のクリスチーナ・オーバークフォル選手も、関係者と北京五輪行き取り止めを話し合っている、という。IOCの医事委員会自体、北京の公害問題を重視し、マラソンなどの屋外耐久レースは順延もしくは場所を変えるコトがあり得る、としている。中国内でも、北京や蘭州(甘粛省都)などで、数百人の少数民族出身・大学生間に、チベット騒乱に対する中国政府・党・軍のヤリ方を不満とするハンストなどが起こっている。大学側の説得で、数時間後、解散し大事には至っていない。新疆ウイグル自治区で、ウイグル族が集中して住んでいるカシュガル、ホータン両市では、午後十時以後の夜間外出禁止令が出された、という情報もある。チベットを管下に置く中国軍・成都(四川省)軍管区駐屯地からは、チベット向けに増援部隊が続々、送られつつある、という目撃者がいる。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ