FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラク戦争の真の目的
2007/09/21 [Fri]07:36
category:放言
 これまで米英両国は、イラク戦争は、イラクの大量兵器の除去と、イスラム原理主義者のテロ分子を支持するサダム・フセイン大統領の排除を“大義名分”とし、ペルシャ湾岸の石油資源との関連を否定してきた。
 ところが、長年ブッシュ政権下で、財政・金融などを取り仕切ってきた有名な、アラン・グリースパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、近く出版予定の回顧録のナカで「イラク戦争の主たる動機は、石油資源確保のためだった」と明記した。
 これは、16日、英有力紙、ロンドン・タイムスズが特ダネとして報じたもので、同回顧録には随所に、ブッシュ大統領批判の文章が見られ、ワシントンの政財界に大きな波紋を拡げているが、日本もご多分に漏れず、テロ特措法延長問題に影響がでるのではないだろうか。
 グリースパン氏は「中東の石油資源を長期かつ安定的に確保したいアメリカにとって、サダム・フセインは重大な脅威だった」とも述べている。
 私は、米国が、イラクやアフガニスタンに兵力を増強すればするほど、自爆テロが増え、犠牲者が増えることに、心が痛み怒りを覚える。
 人間なんて、口にはヒューマニズムを説きながら、自分に火の粉が降りかかなければ、何人死のうと勝手なことを言うものだ。日本の政権担当の政治家のうち、一人ぐらいアメリカに諫言するものはいないのか。

 昨日の私のブログの下部に、かなり加筆しています。再度お読み下さい。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
民間の”傭兵”の方がイラク駐留米軍より多い(?)
イラク戦争について隠されている事実を、もうひとつお伝えしよう。ブッシュ政権が公式にイラクへ派遣している米軍の兵員数よりも、アメリカやその”同盟国”、ならびにイラク現政権派の関連会社が雇っている、民間の”傭兵”の方の数が多い、というコトである。

現在、イラクに駐留する米軍は14万人で、ブッシュ政権はこれを任期中に10万人にまで減らそう、と努力しているが、19日の米中央軍発表によれば、民間の”傭兵”はこれを上回り、すでに18万人に達している。”傭兵”を雇っているのは、石油会社、土建業者、金融機関などで、被雇用者が皆、銃砲をカツいでいるわけではない。皆、米人でもない。しかし”傭兵”の多くが、世界各国から高給で徴集した元”職業軍人”、元”ギャング”で、治安維持や情報収集などにあたっている、という。

その一つ、米国の民間警備会社「ブラックウォーター社」の”傭兵”が16日、米側車列の警護中、反政府・武装集団にネラわれたため交戦、そのトバッチリでイラク市民11人が死亡、14人が重軽傷を負った。どうやら”傭兵”側に過剰反応があったらしく、イラク現政権は「ブラックウォーター社」の業務の一時停止を命じた。

欧米には民間警備会社がゴマンとあり、テロ対策等を請け負っている。世界各国の元特殊部隊員などを”傭兵”として雇い入れ、アフガニスタンなどでも活動している。民間とは”隠れ蓑”で、米政権と”一体化”し、大儲けしている、というべきではなかろうか。
【2007/09/21 09:25】 URL | R.H. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tawara777.blog48.fc2.com/tb.php/633-fae86d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。