FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
自民党よ、さようなら!
2007/07/26 [Thu]08:28
category:放言
 私は単なる自民党支持者だけでなく、数多くの自民党の国会議員、県会議員、市会議員の応援弁士をしてきた。その私が表題の『自民党よ、左様なら!』のきっかけは何かというと、小泉前総理の“郵政改革”で長年の同志を情け容赦なく、一刀両断切り捨てたからである。
 郵政改革が、アメリカの「年次改革要望書」によるもので、日本の資産収奪を目的だとは、何度も書いてきた。
 実は昨日発売の別冊『正論』の平沼赳夫氏の書いた【小泉政治「負の遺産」を越えるために】を読んでビックリ仰天。早速、昨日の街頭応援演説に使いました。   その要点次ぎの通り。

 小泉前首相が郵政民営化でとった手法は、あまりにも強権的であり、党内民主主義や議会制民主主義、さらには政党政治を破壊するものであった。(先日読んだ大東亜戦争にいたる軍部の台頭にソックリ)
 特に驚いたのは、日本長期信用銀行の顛末である。過剰な融資が原因でバブル経済崩壊後は不良債権が増大し経営危機に陥り、政府は救済のため国民の税金8兆円も投入し一時国有化した。
‘驚く勿れ’それをタッタ10億円で、アメリカの投資会社リップルウッド・ホールディングスに譲渡した。政府は追加の税金投入し「新生銀行」として新発足し株式を上場しすると、10億円で手に入れた銀行の株が、2300億円で売れアメリカの投資会社は、“濡れ手に泡”大金を手に入れたのだ。腹が立って、腹が立って仕方がない。
 このほか「耐震偽装」で問題になった建築基準法も「年次改革要望書」によって、“強度の面は必要最低限の強度を確保すればよい”と緩和されたと平沼氏は書いている。 アメリカに唯々諾々追随する政策をとる一方、地方税を上げ、年金もどなるかわからないのは、日本の防衛を、アメリカの核の傘に“オンブにダッコ”で守られているからだ。

 昨日、友人の政治評論家の青山昌史氏から彼が投稿した新聞の切り抜きが送られてきた。
それによると、「従軍慰安婦」をめぐる対日決議案が米国下院外交委員会で決議されたが、本会議で決議されれば日米関係に悪影響が出るというので、参議院投票日29日以降に持ち越されてきた。恐らく賛成多数で採択される見通しのことで、詳しい内容が送られてきたが、読んで慄然となった。
 安倍総理にとって“前門の虎、後門の狼”ではないだろうか。
 

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
案外、静かな参院選の街頭演説
きょう東京女子医大病院に定期検査で行く途中、往復2回、盛り場の新宿西口を通った。いつもの選挙なら、西口広場は群集を集めて、派手な応援演説を見かけるのだが、それが全く見られなかった。時間帯が違ったのかもしれないが、新宿西口広場は、平常時よりも静かで、ドスンと心に響いて来るモノがなかった。

自民党大敗の予測が流れるナカで、大衆がそう熱心に聴こうとしないからか。民主党が勝っても、衆院を自民党が支配している以上、政治の大勢に変わりない、と踏んでいるためか。自民惨敗のアトを受けて、政界再編の動きが出て来る”その後”を、皆、期待しているのか。僕には分からない。

先般、この欄にも書いたが、自民、民主の二大政党以外、あえていえば自民、民主・プラス・社民、共産の既存政党以外の政党が伸びて、これがキャスチングボートを握るというのも、オモシロいかもしれない。十数年前、宮沢内閣が倒れ、自民党が分裂して、小沢一郎らが脱党したとき、あにハカらんや、”日本新党”なる小会派の党首、細川護熙が総理になったように・・・・。
【2007/07/26 17:57】 URL | R.H. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tawara777.blog48.fc2.com/tb.php/578-1ad2c361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ