FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
「すまじきものは宮仕え」
2007/07/24 [Tue]07:28
category:放言
 IT時代に入り「雇われない生き方」が急速に増大し、企業や役所に契約・派遣社員や臨時公務員またやパートや、コンビニで働くニート族が激増している一方、ITなどについて高い技術や知識を持って一定の職場に長期間、雇われることなしに、自分の技術を売ったり、コンサルタントとして高収入を得ている高学歴者も増えている。
 前者ニート族を「フリーター」と名ずけられ、後者、自己の技能や知識を高く売りつけるコンサルタント族を「フリー・エージェント」と呼ばれ、例えば、米プロ野球で活躍するイチローや松井や城島、井口がいる。前者と後者の間には、頂く報酬、給与に月とスッポンの違いがあるだけでなく、社会的身分の差も比較にならぬほど大きい。
IT時代の今日、富んだ「フリー・エージェント」と貧しい「フリーター」と格差が益々拡大している。

 アメリカのクリントン政権時代、ライシュ労働長官の補佐官、ゴア副大統領の主席スピーチライターを勤め、今や米国きっての社会評論家となったダニエル・ピンク(43歳)が世界的ベストセラー『“雇われない生き方は何を変えるか”「新しいこと」を考え出す時代』の説くところにによれば日米とも、安い「フリーター」はゴマンといるが、高い「フリー・エージェント」の方も確実に増えつつある。中流階級の四人に一人は「フリー・エージェント」でさらに増加し、カリフォルニアでは「フリー・エージェントと「フリーター」が働く人々の三分の二を占めるという。

 ダニエル・ピンク氏によれば勝利する「フリー・エージェント」の秘密を、次ぎの五点にまとめている。【若者たちのために】①ハード・ソフトの商品やサービスの高度精密化と素晴らしいデザイン。②商品、サービスなどの明快な分かりやすさとスピードの速さ、感銘度。③新たな組み合わせを創造する能力。④大衆の共感を呼ぶ力。⑤人々の心を癒す遊び心。

明日25日、5時30分。八幡東区中央町『資さんウドン』前で、私が応援の熱弁をふるいます。
 

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント
追伸
下記の記事のタイトルは次のとうり。

フリーターとフリーエイジェント
【2007/07/24 08:41】 URL | R.H. #- [ 編集]


応援演説ガンバってください。

ニート族すなわちフリーターの方は、コンビニ等で、よく見る。10年ほど前まで、教えていた東京郊外・某大学でも、卒業後、教え子のナカに、その種の人間は少数ながらいた。僕の経験では、就職試験に失敗するか、遅れて、止むを得ず、コンビニなどで働いていたモノと、もうひとつ、一定の職場に縛られるのがイヤで、フリーターとして転々と職を変えるモノの2種あった。前者の方はその後、見事に立ち直って、外資のGeneral Managerなどに出世した男もいるが、後者は概ねその後、音沙汰不明である。

フリーエイジェントの方も六本木アタリにかなりいて、なかには百万長者もいるそうだが、よく知らない。ただ、いまを去る42年前、スカルノ時代のインドネシアで仲良くしていた華僑の息子が1970年代、日本に留学し、東海大理工学部卒後、日本女性と結ばれ帰化、一時サラリーマンだったが、コンピューター関係で独立・自営業にはいった。娘にも恵まれ、毎年、賀状をくれるところを見ると、マーマー成り立っているのではなかろうか。
【2007/07/24 08:38】 URL | R.H. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tawara777.blog48.fc2.com/tb.php/576-0c1ae813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ