FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
応援演説
2007/07/13 [Fri]08:23
category:放言
 昨日は参議院議員選挙の告示日で、国民新党・自見庄三郎の出陣式が、約800人の支持者に囲まれて小倉駅前であった。
後援会長であった谷伍平元市長の遺影に黙祷を捧げ、日野市議司会のもと、北橋市長、久保元県会議長、福地元アサヒビール社長、梶野市議に次いで私が激励の言葉を述べ、最後に恒例によって本人の決意表明をした。 私の演説の内容は次の通り。

 『郵政民営化は、アメリカ・アングロサクソンの要望によるもので、日本人が営々と貯めてきた資産を、民営化にして、敵対的買収即ちM&Aによって奪い取ろうと言う政策なのである。従って反対をした政治家が愛国者で、賛成した政治家は売国奴と思っている。
 しかもタッタ一つの法案に反対したからといって、刺客を送って落選させるとは、日本の伝統・武士道“惻隠の情・武士の情け”に悖(もと)る小泉は非情な男であった。
 しかも市場原理に経済を任し、文化・伝統を破壊したからこそ、道徳は乱れ、教育は崩壊し凶悪犯罪が続出しているではありませんか。
その延長線上にあるからこそ、安倍内閣が誕生して僅か9ヶ月で、佐田行革相、松岡農相、柳沢厚労相、久間防衛相に次いで、今回の赤城農相の事件だと思う。
 その上、ご存知の国民年金のごまかしと官僚の不祥事件の本から正し、この私たちの怒りを払拭するために、じみ庄三郎を国政壇上に送りだそうではありませんか』
と熱情込めて声高らかに演説した。

テーマ:参院選 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
”台風の目”は国民新党
今回の参院選における”台風の目”は、国民新党である。安部内閣は、あの安部チャンの必死の形相、明快な論調をもってしても、多数の票がとれるとは、思えない。民主党も、票を伸ばすコトは確実だろうし、ヒョツとすると、参院議長ぐらい取れるだろうが、いますぐ小沢内閣が生まれる、とは思えない。おそらく参院過半数を割った自民党が公明党のほか、国民新党とも連立を組み、多数勢力を維持し、現路線を維持しよう、とするのではなかろうか。

安部チャンが、そうした自公=国民新党・大連合で生き延びる可能性もないではない。しかし、首班の座は、麻生太郎をはじめとする”新顔”に譲って、自民党の誰かが、就任し、国民新党から、すくなくとも一人は入閣する新政権が生まれるのではなかろうか。以上は、あくまで「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の無責任な揣摩憶測だが、その場合、国民新党から元閣僚経験者の入閣はあり得よう。フジモリ元ペルー大統領の入閣だけは、まずないだろう。
【2007/07/13 09:12】 URL | R.H. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tawara777.blog48.fc2.com/tb.php/565-086d06ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ