FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
久間防衛相辞任と後任に小池百合子
2007/07/04 [Wed]07:24
category:放言
 昨日、私は国民新党から全国区に出馬する元郵政大臣・自見庄三郎の引き回しを、八幡西区を中心に20数軒した。
 車のなかで、興味津々たる政治の裏話を数々聞いた。

 今回の久間発言は、アメリカとの会談の際、日本側からの非戦闘要員にたいする原爆使用に対しての非難に、アメリカからの常套の反論の意見を、不用意に使ったのだろう。即ち“原爆を使ったから早く戦争が終結した。使わなかったら本土決戦でアメリカ人も100万人死んでいるだろうが、日本人は3000万人ぐらい死んでるだろう”と。     しかし私もブログで何度も書いてきたが、被爆国の日本人が絶対口にしてはいけない禁忌(きんき)の言葉である。
 記憶力のよい方は覚えているだろうが、先にも、久間は“ブッシュ大統領のイラク開戦判断は間違いだった”と発言して物議を醸(かも)したが、久間は日本・イラク友好議員連盟の会長で、フセインと特に親交があり、自見もイラク訪問に同道し歓待を受けたそうだ。そんな立場にある人間を、閣僚にした安倍総理の任命権者としての責任は重大だ。
 車の中で自見から、久間の辞表をいずれ安倍は受け付けるだろうが、柳沢厚労相を辞めさせない理由の裏話も聞いた。回る途中、立ち寄った、ある自民党有力者から、久間の突然の辞表を聞いて驚いたが、その後任に小池百合子を任命したのに、またもビックリ仰天。
 彼女はコケティッシュで、独身の小泉前総理に度々弁当を持ってきてご機嫌をとるが、政治的手腕はなく、極端にいえば、女の武器の使用が上手かったそうである。
 “さもありなん”小沢側近中の側近から離れ、上手に政治的揺曳(ようえい)して今日の地位を築いたのだから。

 政治に関心のある方、特に自民党に関係のある方に告ぐ!
 月刊雑誌『諸君』8月号、三人の政治評論家の鼎談(ていだん)【安倍政権、墜落す!】を是非お読み下さい。
                (文中敬称略)

テーマ:参院選 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
敢えていう、「核は国家存亡の決め手だ」と・・・・
敢えていおう。「核兵器は国家の存亡にかかわる最重要(最終)兵器だ」と。

唯一の原爆被爆国、日本にとって、核兵器保有論はタブーである。しかし、我われ日本人は、日米安保体制(日米同盟)下、アメリカの”核の傘”のシタにあって、彼らにやはり守られている。通常兵器しか持てない日本の防衛力には、限界があって、米主導下のミサイル防衛(MD)システムなくしては、おそらく生き抜くコトは困難だろう。

米露中英仏の五大国(国連安保理常任理事国)以外は、「核装備させない」という核不拡散条約(NPT)は、いまや画に描いたモチになっている。南アジアのインド、パキスタン両国は、NPTにも入らず、すでに地下核実験を強行した。

あるいは、北朝鮮は、もう地下核実験をやらぬかもしれない。しかし、お隣りの中国は、歴然と数百発(基)の原水爆と、長・中・短・距離ミサイルを保有している。かつて中国軍のスポークスマンで、中国共産党・開祖のひとり、朱徳の孫という、朱成虎少将は、こう述べた :--

「もしアメリカが我われの台湾侵攻の邪魔をして、中国本土を攻撃するようなコトをすれば、中国は核兵器で反撃せざるを得ない。我われは、古都・西安から東の総べての都市が、灰になるコトを覚悟している。米国も(そして恐らく日本も?)100以上の都市が、中国の核攻撃によって、破壊されるコトを、覚悟しなければならない」
【2007/07/06 22:51】 URL | R.H. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tawara777.blog48.fc2.com/tb.php/556-8d0190ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ