FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
北橋新市長を祝う
2007/02/14 [Wed]07:25
category:放言
 以下は『「草の根・勝手連」祝勝報告会での私の“祝辞とお願い”の要旨』
 [菊づくり 菊見るときは 陰のひと]
 投票日4日10時ごろ、永犬丸小学校に行って驚いたことは、身体の不自由なお年寄りが子どもや孫に付き添われて続々投票する姿をみて、携帯で後輩の市議、梶野君に“北橋さんが勝った!投票率は50%を越した”と電話をした。午後2時ごろ北橋さんからお礼の電話があったのでその旨伝え、夜「男の美学」一人静かに勝利の美酒を楽しみました。
 考えてみると、柴田陣営は、自民・公明、商工会議所、市役所OB、元女教師軍団に加え、東筑同窓会有志という最強の陣容の戦艦大和に、立ち向かう伝馬船のような北橋陣営でした。
 テレビで見ると、柴田候補の激励大会は人また人で溢れ、アッシーこと安倍総理夫人の集会は、小倉が三千人、黒崎が千人の動員でした。
 ただ元女教師軍団以外は、義理や損得勘定(政権に繋がらない自治体は損をする)の選挙のように、私の目に写りました。
 それに引き替え、北橋候補支持の女性達は、特に五期目の末吉市政に怒りが爆発し、熱情と義憤に変わり、自然発生的に、環が拡がり、同窓生や知人・友人に電話をかけまくり、訪問をすると同時に年賀状にも添え書きをしたようでした。まさに“草の根・勝手連”の運動でした。
 私のブログ“生前告別式”も勝手に一人歩きした模様で、また退院した翌日の1月16日、選対会議に紙オムツで出ましたが、今日ご出席の皆さんは私以上のご活躍されたと思います。
 皆さん方には、北橋さんへの注文や意見が寄せられると思いますが、どうか防波堤になって、新市長が活躍出来るようにお見守り下さるようお願いしてお祝いの言葉といたします。


テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/02/18 22:26】 | # [ 編集]


聞きましたよ!!  火曜日夕方、新市長の祝う会で、翁が祝辞を述べたと云うじゃないですか、出席していた小生の友人の話ですが、大変 理にかなった内容で 威風堂々たる演説だったらしいですね、小柄な翁が大変 大きく見えたそうです。そして年の割りに元気で精力的に動いておられたそうで、若々しく見えたそうです。
とは云え、年も年だから、無理をせず、下半身も程ほどにして頑張って下さい、ブログも頑張ってね
【2007/02/15 20:22】 URL | #- [ 編集]

まだ麻生知事・四選(?)問題が残っている
福岡県には、麻生知事の多選問題が残っているコトを忘れないで頂きたい。同じ麻生でも、次の総理とウワサされている、飯塚の太郎の方は多選でもないし、大衆政治家の素質がある、と見る。だが、麻生福岡県知事の方は既に三選(?)していて、たしか全国県知事会長とかで、フンゾりかえっている。自民党は三選以上の知事を、原則として公認しない、との原則を決めている。しかし吉田茂の孫にアタラせられる太郎は、麻生県知事について「余人をもって変えがたし」とか、いって、応援の姿勢をみせている。麻生太郎の資質と、行動力には、それなりの評価を与えるが、四選(?)黙認の態度だけは、どうしたモノか。
【2007/02/14 09:57】 URL | R.H. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tawara777.blog48.fc2.com/tb.php/414-5fafb02e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ