プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
2018/04/21 [Sat]11:19
category:放言
  トランプ大統領との日米首脳会談に向けての出発時同様、帰国でのタラップでの総理夫妻は国内の政治情勢から、嘘でも神妙にすべきなのに、にこやかに笑顔で手を振っていた。果たして会談は笑うほど手放しで喜んでよかったものか。バッカでなかろうか?
確かに北朝鮮の核問題や拉致問題については、一定の成果はあったものの経済摩擦は置き去りになったままであった。
鉄鋼、アルミニュームの輸入制限は、欧州と韓国は除外されたものの、中国と、トランプとゴルフ仲間で親友を自慢していた安倍総理の日本は制限され悲喜交々だ。
”行きはよいよい帰りは怖い”の言葉通り、安倍総理と麻生副総理共に訪米中、福田次官はセクハラ発言で責任とって、辞表を提出したが、j本来ならば、酒の席上での発言は無礼講のはずだ。特に下ネタの話は聖人君子を除き一般男子の常識だ。  政界はテンヤワンヤの大騒ぎ。そもそも、セクハラにしてもパハハラにしても不倫にしても、体罰やいじめにしても、少し行き過ぎた。、最近、世間もマスコミにしても、騒ぎ過ぎて男は怖気てきて溌剌さと勇気がなくなってきた。これでは未婚が増えるはずだ。
 日本の不幸は、最近特に、自民党に自浄能力がないことと且つ、健全野党がいないことだ。終わったことだが、小池百合子が党首であるべき希望の党が勢力を伸ばしていたらと悔やまれる。
この際、離党覚悟で石破茂か立ち上がるか、思い切って小泉進次郎を選ぶべきとかんがえる。
 麻生副総理も、九州男子で川筋男として潔く辞め、ご子息にバトンタッチして世代交代をしたら”男の花道”晩年を飾ることになる。


最後に、『文芸春秋』五月号、総力特集『安倍忖度政治との決別』を一読されることをお勧めする。
  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ