FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
誕生日自祝
2018/04/01 [Sun]19:58
category:放言
今日4月1日は、私の89歳の誕生日。
よくぞ、こんなに大きな病気もせずに、災害にも遭わずに長生きしたものだ。元気な身体に産んでくれた両親と、幸運に恵まれた神仏に深く感謝申し上げたい。聞くところによれば、幼いときは、腺病質でしょっちゅう熱を出し、早生まれなのに1年遅れて入学し、主治医の小児科の医師は父に「この坊やは長生きして二十歳までの命だろう」と宣告したそうだ。小学5年2学期、肋膜炎を患い2,3学期、学校を休み6年に進級し、事もあろうに、当時九州一の難関校といわれた小倉中学に受験させられた。幸いなことに大東亜戦争が始まったばかりで紙がなく、入学試験は算数の口頭試問と体操の懸垂だけだった。まぐれで合格したものの、1学期の定期考査は287名中256番で、夏休み中、父に徹底的にしごかれ、2学期は104番上がった。戦争は日に日に激しくなり3年からは学徒動員で、陸軍造兵廠に24時間2交代で働き、4年の時、爆撃の疎開ため日田の山奥に行き私たちは、浮羽郡吉井町の旧料亭に宿泊した。8月15日敗戦になって帰校したものの本も教科書もなく、あっても進駐軍の命令で黒塗りであった。また命令で学区制が替わり6・3・3・4になった。私は4年から鹿児島の七高を受けたが失敗し、5年で卒業し、早稲田第一高等学院と東京農大予科を受け、早稲田は落ち農大に進んだ。敗戦直後の東京は赤色ブームに明け暮れ、純朴な田舎者の私は、調子に乗り共産党に入り、農大全学委員長と世田谷区学生対策部キャプに祭上げられた。逆上せているうち学部進学のじきになり、学生運動を恐れた大学は私をパージにした。
止むを得ず帰省したものの職もなく、両親の伝手で、学校図書館に図書を売り始めると同時に生徒用の副読本やワークブックETCを売り始め一時は八幡地区の小中学のテキストを総なめにしたほどよく働きよく遊んだ。京都の出版社・新学社の取引先で売上高日本一になったこと度々であった。流石、89ともなれば、それこそ”ハ・マラ・メ”と、身体のあちこちにガタがきて、早く迎えが来ないかなあと待ち遠しい毎日である。>

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ