FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
演歌孝
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
泣いて馬ショクを斬る
2018/03/22 [Thu]13:16
category:放言
『泣いてバショクを斬る』とは、中国古代の名宰相・諸葛孔明が、日頃から信頼し可愛がっていた部下の名武将・馬ショクが、命令に一度背いて行動したため戦いに敗れ、軍律を守るために、泣いて厳しく処刑した故事・成句である。
 森友学園が何時までも政治化している問題を、私なりに、考察してみたい。私は国有地を安く森友学園払い下げたことに、昭恵夫人は直接には関与していないと思う。問題は、籠池氏を証人喚問しながら昭恵夫人を断わった自民党の態度である。何故証人喚問に応じ,正々堂々と意見を述べなかったのか。では安く払い下げた原因は何か。それが籠池氏の戦略戦術の上手さではないか。当時、関西地方は左翼の風が吹きすさんだ中、幼い園児たちが教育勅語を斉唱したため、昭恵夫人は涙を流して感激し名誉院長を引け請け、記念講演の写真を撮らせ、それを近畿財務局の役人にちらつかせ、職員が忖度したに違いない。
問題は二つあって、その一は、昭恵夫人の軽々しい発言と行動だ。その二は、安倍総理を囲む茶坊主たちの発言と行動だ。
 北朝鮮や、尖閣列島問題等日本を取り巻く国際情勢の厳しさの中、一日も早く国内のガタガタは解決すべきと祈念する。span>

『泣いてバショクを斬る』とは、中国古代の名宰相・諸葛孔明が、日頃から信頼し可愛がっていた部下の名武将・馬ショクが、命令に一度背いて行動したため戦いに敗れ、軍律を守るために、泣いて厳しく処刑した故事・成句である。
 森友学園が何時までも政治化している問題を、私なりに、考察してみたい。私は国有地を安く森友学園払い下げたことに、昭恵夫人は直接には関与していないと思う。問題は、籠池氏を証人喚問しながら昭恵夫人を断わった自民党の態度である。何故証人喚問に応じ,正々堂々と意見を述べなかったのか。では安く払い下げた原因は何か。それが籠池氏の戦略戦術の上手さではないか。当時、関西地方は左翼の風が吹きすさんだ中、幼い園児たちが教育勅語を斉唱したため、昭恵夫人は涙を流して感激し名誉院長を引け請け、記念講演の写真を撮らせ、それを近畿財務局の役人にちらつかせ、職員が忖度したに違いない。
問題は二つあって、その一は、昭恵夫人の軽々しい発言と行動だ。その二は、安倍総理を囲む茶坊主たちの発言と行動だ。
 北朝鮮や、尖閣列島問題等日本を取り巻く国際情勢の厳しさの中、一日も早く国内のガタガタは解決すべきと祈念する。span>
『泣いてバショクを斬る』とは、中国古代の名宰相・諸葛孔明が、日頃から信頼し可愛がっていた部下の名武将・馬ショクが、命令に一度背いて行動したため戦いに敗れ、軍律を守るために、泣いて厳しく処刑した故事・成句である。
 森友学園が何時までも政治化している問題を、私なりに、考察してみたい。私は国有地を安く森友学園払い下げたことに、昭恵夫人は直接には関与していないと思う。問題は、籠池氏を証人喚問しながら昭恵夫人を断わった自民党の態度である。何故証人喚問に応じ,正々堂々と意見を述べなかったのか。では安く払い下げた原因は何か。それが籠池氏の戦略戦術の上手さではないか。当時、関西地方は左翼の風が吹きすさんだ中、幼い園児たちが教育勅語を斉唱したため、昭恵夫人は涙を流して感激し名誉院長を引け請け、記念講演の写真を撮らせ、それを近畿財務局の役人にちらつかせ、職員が忖度したに違いない。
問題は二つあって、その一は、昭恵夫人の軽々しい発言と行動だ。その二は、安倍総理を囲む茶坊主たちの発言と行動だ。
 北朝鮮や、尖閣列島問題等日本を取り巻く国際情勢の厳しさの中、一日も早く国内のガタガタは解決すべきと祈念する。span>
  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ