FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
演歌孝
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
男の火祭り
2018/02/04 [Sun]12:43
category:放言
 既に述べてきたが、昨年大晦日の紅白歌合戦で坂本冬美が歌った『男の火祭り』(作詞・たか たかし)の歌詞に感動した。
内容の要点は、明治維新から敗戦後欧州に追いつき追い越すまでの日本人の働く姿を描いたものだった。”日本の男は身を粉にして山や海で働き 女は嫁いで男に寄り添い家を守り 一年三百六十五日 神様や自然の恵みに感謝しながら平和で幸せに生きてきた”と言う趣旨だった。それが欧米に追いついた今日、日本の状況はどうだろう。我が国最高の名門大学生が親や兄を殺し、道徳は乱れ、出生率は低下し寿命は伸び老人天国になり、生産人口は減少している。政府は働き改革と叫んでいるが、私の目には”働きたくない改革”のように見える。最近、メディアも少し女性の尻を触ったりエッチな話をしたらセクハラと大騒ぎし、重箱の隅をほじくるように針小棒大に報道しおかしい。例えば今回の日馬富士の殴打事件でも騒ぎ過ぎる。特にスポーツでは強く上手にしようとと思えば、スパルタは必要悪だ。最近亡くなった名将・星野仙一の鉄拳は有名だ。 
最近世の中は狂っている。初盆参りに手ぶらでとは常識ない。日本の風習では線香の二本三本は常識だ。何処からから日本が狂ったのかつらつら考えてみると”、人の命は地球より重い”という人権派の跋扈(ばっこ)すなわち社会党土井たか子、、福島瑞穂の思想の蔓延ではないかとおもっている。教育でも、言っても何度言っても分からないときは体罰しか方法がない。のは、これまた常識だ。

「男の火祭り」を歌っ、た坂本冬美に惚れ、何度もインターネットで彼女の歌を聴き、彼女の素性を調べてみたら50歳の独身。立ち振る舞いに色気があり、美空ひばりに及ばないにしても抜群の歌唱力がある。、妻を亡くした星野仙一と噂があったとネットでは報じられている。真偽のほどは不明としても、女としての魅力がある。独身とは勿体ない。
5日から入院することにしていたが、主治医がインフルエンザのため一週間延期。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ