プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
横井小楠
2017/10/20 [Fri]15:57
category:放言
 熊本から普通道路で4時間かけて、昨日(19日)、八幡南ロータリークラブでの卓話の後、彌冨照皇さん(旧姓曾照煌)が拙宅に立ち寄って頂いた。
彼女は、台湾から九大へロータリー米山奨学制による留学生で、当時私もロータリアンで彼女のカウンセラーを担当し、自宅にも度々来てもらったし、研修旅行(例えば五島列島松浦市など)にも随行した。彼女の九大での成績は、大学では珍しくオール優で素晴らしかった。
彼女は九大の同級生と恋をしていたらしく卒業後、熊本で結婚式を挙げ招待され式に参列し祝辞を述べた。席上、彼女の成績表を振りかざし、こんな優秀な人が日本人になって頂き、こんな嬉しいことはないと挨拶した。彼女の嫁ぎ先の彌冨家は明治維新の陰の立役者・横井小楠が度々訪れたという素封家である。主人が熊本県庁に勤めている関係で、彼女自身も主人の父が経営している不動産経営を引き継ぎ、(株)朋英を立ち上げ代表取締役に就任した。彼女はそれに安住することなく朋英商事を立ち上げ語学力を生かし日台貿易をはじめ食品、雑貨の輸出入を手がけ将に女性企業家の鑑と言うべきである。私の自慢の誇りである。

昨日、照皇さんから始めて聴いた話によると、嫁ぎ先の彌冨家は明治維新の坂本龍馬、西郷隆盛、勝海舟の思想上の師匠・横井小楠が度々立ち寄った名家である。
小楠は楠正成を尊敬し号に楠をいれたほどで、竜馬が師と敬い、海舟が恐れた鬼才と言い、明治維新の青写真を描いた男といわれ、福井藩の松平春嶽が招くのに何度も熊本まで足を運んだといわれている。偉才だけに敵も多く明治2年守旧派の凶刃に倒れた。横井小楠記念館と小楠の旧居・四時軒は、彼女の自宅の近くにあ)り(熊本市沼山津その館長に義父が務めているそうだ。私も歩けるようになったら,小楠記念館・四時軒を訪れると共に、義父と彼女の旦那と酒を酌み交わしたいものだ。


>
  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
ありがとうございます
先日お世話になりました。熊本でお待ちしております。私の説明は悪かったと思いますが、父は館長ではなく、昨年まで横井顕彰会の会長をしていました。皆様に少しでも横井先生の偉業を知っていただけたら嬉しいです。
【2017/10/22 08:09】 URL | 弥冨 #KzZj6r1E [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ