プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
憂国の私情
2017/09/15 [Fri]11:50
category:放言
 昨日の薮内雅明さんのコメント『二代目一条さゆり』の末尾に”残虐な血腥い事件が毎日のように起こり、高い道徳律を誇った日本も世紀末の様相を呈してきました。
このブログにアクセスの皆様もさぞかしご心痛のことかと思います。
この遠因近因を書きたいと思いますがが、コメントにご意見をお寄せ頂きますようお願いいたします。”とありました。
そこで愚見を述べてみます。
私も薮内さん同様、最近の道徳の荒廃を憂いています。文章が下手で上手く言い表ませんが、わりと正義派と思われる産経新聞も憂国の士・桜井よしこをはじめ学者、評論家は藤原正彦を除き、この悲惨な現状に声を大にして警告する人は少ないように思われる。この遠因として、敗戦後日本の伝統文化を悉く、日本占領軍・マッカーサー司令官の命令で切り捨てられたことである。本来ならば日本人の手で改正すべき憲法まで押し付けられた。
近因としては、誰も警鐘を打たないが、私は安倍総理のアベノミクス三本の矢にあると思う。確かに失業者も減り経済に明るさがでてきたが、一方では格差も広がり恩恵を被るのは一部の企業だけだ。
何故、安倍さんは三本の矢の一本に道徳心の復興を書かなかったのか。それでなくても人口減少が続いているのに、児童生徒の自殺が後を絶たない上、殺人も多い。為政者は政務調査費をお手盛りで沢山とりながら心は痛まないのか。  

 朝鮮金正恩委員長は『日本を核で沈めよ』と談話を述べたと報道されたが、これは一種の日本に対する宣戦布告のようなものだ。これでも話し合いで解決せよというのか。坐して
>死を待てというのか。

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント

私も、一条さゆりさんのショウを見に行きます。
【2017/09/17 21:30】 URL | 原田進 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ