プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
不倫の倫理
2017/08/04 [Fri]15:51
category:放言
今朝の民放各社は、安倍第3次改造内閣の報道ではなく、斉藤由貴不倫の釈明の記者会見の報道であった。先に渡辺謙さんの不倫騒動があり、少し古いところでは、タレントのベッキーと「ゲスの極み乙女」川谷絵音から始まり”育休議員”宮崎謙介、桂文枝、米米CLUBの石井竜也,乙武洋匡、ファンキー加藤、三遊亭円楽まで錚々たる顔ぶれが、不倫問題で世間を騒がせた。
バレたら仕事を失ったり、離婚の危機に陥いるなどのリスクを抱えながら何故。人は不倫をするのだろうか。 

 「不倫という言葉があるのは人間だけ。生物学的には『浮気』が正しい」と語るのは、動物行動学研究家の竹内久美子氏だ。
「人類の歴史において、いかに病原体と戦って、子孫を残していくかというのは大きな課題である。感染症による子孫の全滅を防ぐために遺伝子の多様性を保つ必要がある。つまり浮気は生物の生き残り戦略として必要ななこと。生物にとって浮気は本能なのである」
生物学者の池田清彦氏もこう指摘する。
「一夫多妻は生物として多様なな遺伝子を野構想とする本能である。生物の中で、厳密に一夫一婦制を取っているのは、シジュウガラやアホウドリなど非常少ない。人間にも、多様な』遺伝子を残そうとする本能が残っているからから男性は浮気をするのだ」と

上記、は学者の生物学的意見、私は人類史から判断すると、古代男性は外に出て、危険を顧みず狩猟に励み、女性は家にいて子供を育て畑を耕していたその習性が、男の浮気や不倫に走らせる原因ではないかと思っている。女権待望論者から避難されるかもしれないが・・・。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ