プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
誤嚥性肺炎の恐ろしさ
2017/06/14 [Wed]12:06
category:放言
げに恐ろしきは誤嚥性肺炎である。
一昨日も、京都で幽冥なタクシー会社エムケイの創立者・青木定雄氏が誤嚥性肺炎で亡くなったが、小学校の同級生のN君は、昨年秋夕食は家族で団欒のなか食べ、翌日に高い熱が出て慌てて病院にいき誤嚥性肺炎と診断され、その翌日に帰らぬ人となった。
誤嚥性肺炎とは、読んで字の如く、食べた物が食道に入らず、気管支を通って肺に入る状態で食物は雑菌がついていて、肺で増殖して肺炎になる病気のことである。平常なら咽頭部に弁があって食べ物が通る食道と、空気が通る気管があり自動的に区別するのだが高齢と体力が弱るとその弁が作用しなくなる。ある意味では不可抗力と言えるだろ。
最近、今や日本人の死亡原因の第3位になったこの肺炎で、幽冥境を異ににした有名人次の通り。
83歳で亡くなった囲碁の藤沢秀行名誉棋聖、歌手のベギー葉山(83)元横綱で相撲協会理事長を務めた佐田の山(79)、劇団四季で活躍した日下武史(86)、野球解説者・豊田泰光(81)、役者の根津甚八(69)、同じく山城新伍(70)、2012年に亡くなった歌舞伎の中村勘三郎(57)も誤嚥製肺炎が引き金になったと言われている。
この予防には喉を鍛えることで、カラオケで高音の「津軽海峡冬景色」を歌うことも、役立つと言われている。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ