プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
教育は人なり
2017/04/03 [Mon]15:59
category:放言
東京は桜が満開というのに、私の住む北九州は、夜分から雷鳴が轟き風が強く冬が舞い戻った寒さである。
例年ならば家の前の高校の桜が咲き誇り、私の心を癒してくれるのだがこの寒さでは、桜どころか蕾すら芽を出さない。異常気象とはいえ自然の神秘ささえ感じる今日この頃である。

 昨日、高校の人事異動の発表があったが、またも僅か2年で校長が替わった。
私の家の前の八幡南高校の校長はこの3,40年間、殆ど校長在任2年間である。学校経営は、就任1年目は職員の名前と性格だけを覚えるだけに費やし、2年目に職員との融和を図り、3年目から校長のポリシーを実現すると校長していた父が口癖のように言っていた。また父は、校長の仕事は良い職員と金を集めることだとも言っていた。
私自身も折尾高校のPTAの役員を務め、教育振興会の会長を10年間、また八幡南高のPTAの副会長を歴任し、財団法人・奨学会の役員を創立から解散まで約60年間続けた。
私が学んだ旧制小倉中学では、女性俳人として有名な杉田久女の主人の杉田宇内先生は、上野の美校(現東京芸大)卒業後小倉中学に赴任ご退職まで一貫として勤め、また同じく恩師・河合正武(まさやす)先生は京都大学卒業後母校の小倉中学に赴任後、小倉高高の校長として退職まで(僅か半年だけ豊津高校の校長)これまた一貫して務めた。
良し悪しは別として福岡県の教育行政即ち、細切れにの学校経営では特色ある伝統も人材も育たない。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ