プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
日本近郊にミサイル
2017/03/07 [Tue]14:19
category:放言
米国防総省は6日、北朝鮮が同日に実施したミサイル発射について、日本の北西沖に落下した4発以外にも同国が発射を試みた可能性があることを示唆した。
金正恩政権になってからミサイル発射が急増
国防総省のデービス報道官は記者会見で「落下したのは4発だ。発射の数はわれわれが言及しているより多いかもしれない。ただ、4発が日本海に落下した」と述べた。
大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の試みはなかったとした

 北朝鮮、弾道ミサイル4発発射、うち3発は秋田沖、日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾した。
今回は操業中の漁船に被害がなかったものの、気掛かりは次第に日本本土に近ずきつつあることだ。国連や日本がいくら抗議しても制裁しても”蛙の面にションベンだ。異母兄の金正男や叔父の謀殺をみても、分かるようにカッ<となったr理性を失う恐れががある。今回のミサイルの発射も米韓の軍事演習といわれているが、そもそもその原因を作ったのは北朝鮮の核やミサイルの開発や実験それに、拉致になどだ。
私の素朴な疑問は、ミサイルや核揮発に原料や資金が必要なはずだ。今回のマレーシアの事件で、東南アジアの国々が陰に陽に資材や資金を用立てしたことがわかった。それが今後、入手が困難になり先にこのブログでも書いたように暴発する恐れがある。本来ならば”座して死を待つ”のではなく先制攻撃すべきだが、現憲法では絶対不可能だ。
そこで、今朝の”産経抄”に載っていた、が、いくら抗議しても、北はミサイルの開発のベースを落とすことはない。もし北が同時に数十発のミサイルを発射したら総て撃ち落すことは出来ない。そこで注目されるのがレールガン(電磁加速砲)と呼ばれる新兵器である。詳しいことは、雑誌『正論』4月号に元陸将補・矢野義昭さんが書いてあるそうだが、火薬の代わりに電気を使い、電磁場の力で砲弾を発射させ1分間に数百の連射が可能でどんな標的も命中するとのこと。ただ問題は日本学術会議の「軍事研究は行わない」と能天気な決議をしたことだ。/span>。
リアルタイムプレビュー

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ