プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
八幡市制100周年
2017/03/06 [Mon]12:15
category:放言
3月1日は旧八幡市誕生から100年を迎え、八幡東区いのちのたび博物館で記念式典が開かれた。
旧八幡市は尾倉、大蔵、枝光の3村が合併してできた八幡村が1917年3月1日に市になった。
その式典の模様が地方版の新聞、テレビで報道されよくよくみてると、私の妹が檜舞台の中央で、八幡市歌を歌っているではないか。八幡市歌は、戦前は小学校では運動会で、国歌、校歌、市歌3点セットで歌わされていた。
実は、戦前八幡市女教員会会長、戦後北九州婦人連合会長していた母はこの市歌が大好きで、しょっちゅう歌っていたの,で
門前の小僧で私も全文を覚えていた。実業家として大活躍の畏友のOさんも、飲み会での締めくくりにこの市歌を歌うことが多い。鬼籍に居る入江伸さんもこの歌が大好きだった。何となれば、詩文とメロディーが素晴らしく爽やかで元気が出るからである。
一、天の時を得、地の利を占めつ
  人の心の和さえ加わり
  たちまち開けし文化の都
  八幡八幡われらの八幡市
  市の発展は、われらの任務
二、焔延々、波濤を焦がし 
   煙もうもう天に漲る
  天下の壮観我が製鉄所
  八幡八幡われらの八幡市
  市の進展は、われらの責務
三、高き理想を帆柱山に
  深き希望を洞海湾に
  愛市の真心神こそ知らめ
  八幡八幡われらの八幡市
  市の隆昌は、われらの歓喜

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ