プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
安楽死は是か非か
2017/02/20 [Mon]10:08
category:放言
  『安楽死は是か非か』
 昨年十二月号の「文芸春秋」二掲載さrた、脚本家の橋田壽賀子氏(91)の論考『私は安楽死で逝きたい』は、、大きな反響を呼んだ。
(私は八十歳を過ぎた頃から、もし認知症になったら安楽死がいちばんと思っています)
(介護離職して面倒をみていた息子が絶望して寝たきりの親を殺したり、老老介護の果て無理心中といった胸の痛むニュースをを見るたびに、安楽死の制度があればそうした悲劇も防げるのに、と思うのです)
(日本でもスイスのように安楽死を認める法律を早く整備すべきだと思っています)
橋田氏の問題提起は、テレビや雑誌、インターネット等で数多く取り上げられ、瞬く間に世間に拡散した。また編集部にも読者から数多くの意見が届いた。
そこで、各界の有識者60人に『日本は安楽死を認めるべきか』というテーマでアンケートを実施した
,下線文an style="color:#333333">

A安楽死に賛成 33人
B,,尊厳死に限り賛成 20人
C,安楽死、尊厳死に反対 4人
D,選ばず  3人


 ピン・ピン・コロリンにご利益あるお寺やお地蔵にお参りする人が跡を絶たない現状からみて、国民の多くはは、安楽死や尊厳死を求めtいる。私も米寿になり死期が迫っているが、胃ロウや管まで付けてまでして長生きしたくない。痛む時や苦しむ時は寿命をちじめてもよいからモルヒネを打って、安らかに死なせて欲しいものだ。
今病院は高齢者で殷賑を極めtている。良くなる病気は別として、これではいずれ国家財政が破綻するのは目にみえている。孫子の為にも、政府は小異を捨てて安楽死、尊厳死法案を決断すべきでと考える。
昔は例えば、痴呆症や白内障、透析する前には亡くなっていた。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ