プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
動く凶器
2016/12/06 [Tue]15:36
category:放言
 突然両親の死に泣きじゃくる小二のお譲さんを想像するだけで、可哀そうで、私の心は張り裂ける悲しみ包まれる。
一昨日、博多・原三信病院にタクシーがつき込み3人が死亡、1人が重体、数人が負傷という事故があり、死亡の3人のうち2人が娘さんの両親であった。誰が亡くなってもも悲しいが、小学二年生の娘が、一人ぼっちとはさぞ悲しいだろうし、寂しいだろう。想像するに余りあり。
 登下校の児童の列に車が突き込み、児童が死亡した例は再三報じられてきたが依然として跡が絶たず、悲しい事故が続く。
車は動く凶器。念には念を入れて運転すべきと考える。私は家族の強烈な申し出に、不便で仕方がないが、85歳で運転を止めて家内運転で用を達しているた。
誰も経験していると想うが、長く運転していると、2度か3度かハッと思ったことがあるはずだ。その時一瞬、動転しブレーキとアクセルを踏み間違える。被害者もさることながら、加害者も一生負の遺産を背負って過ごすことになる。 ”そこまで言って委員会”で言っていたが、高齢者にはクラッチのある車しか運転させないこと。私見だが、悪質な死亡事故を起こしたドライバーには殺人罪を適用すべきと考える。 
ストーカーなど殺人する犯罪者が跡を絶たない。被害者の家族の怒りは世が世なら、仇討ちしたい心境だろう。ところが人権屋と称する弁護士は死刑廃止し、終身刑を設定すべきを訴えているが税金の無駄遣いである。
最も悲惨なのは、横田めぐみさんの両親だ。生身の体を引き裂かれた思いが続いているのではないか。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ