プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
ポスト安倍は?
2016/11/26 [Sat]21:10
category:放言
 月刊『文芸春秋』に長く連載されている人気のある赤坂太郎の”政治エッセイ”12月号は、『一強安倍の敵は永田町の外にいる』ー米大統領選、 新潟県知事選、 衆院補選から見えた脅威の萌芽ー
長年、政界の裏話や政治家の動向、今後の見通しの正確さや、うがった面白い原稿を書く、赤坂太郎とは何者ぞ、と疑問ずっと持ち続けていたので、今回インターネットで調べたが分からず、文芸春秋社も企業秘密とみえて発表しない。私の独断で推考すると、第一線で活躍する記者の情報を下に編集部が書いているのではないか
総裁任期3期9年に異論は出ず、「安倍1強」は揺るがず、安倍を倒すのは党内は勿論、野党にもいない。将に唯我独尊わが道を行くが如しの観がする。
しかし、”好事魔多し”の言葉があるように、赤坂太郎が指摘するように、安倍の敵はは永田町ではなくあるとすれば、「外」にある。その萌芽は、衆院補選福岡6区の投票率45.46%、東京10区の34.85%と過去最低の投票率、新潟県知事選の53.05%に見られる政治不信。それに加えてトランプの大統領就任と小池百合子東京都知事の活躍である。
許し難いのは、結婚にあたり結婚届と離婚承認書を同時に煮出させた”人でなし”と最近では、政治資金規正法違反の鶴保庸介大臣やインサイダー取引の山本幸三大臣の罷免どころか留任だせたこと。ちよっと話しは古いが、元文科大臣・下村博文の如きは選挙資金疑惑で大問題になりながら最後まで庇いつづけたのに見られる如く、安倍総理の心の驕りだといっても過言ではない。にも拘らず安倍総理が安泰なのは、党内に覇気ある者がいないうえ、野党の体たらくが後押ししている。
しかし、トランプの当選と英国のEU離脱以来、既成の政治権力への怒りと不満が渦巻き、フランスやドイツでは右翼が台頭しているという。それが日本では、石破茂、岸田文雄、野田聖子への期待は影を潜め、政治への不信の爆発が、小池百合子の『希望の塾』に4000人以上が集まった理由ではないか。
小池百合子、橋下徹、河村たかしが小異を捨てて大同に尽き、団結すれば明治維新のような泰山が動くだろう。それとも小泉進次郎の成長を待つか

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ