プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
つれづれに想うこと。
2016/11/21 [Mon]10:56
category:放言
 ◎歴史の言葉に『民族の自決』がある。
それは民族や国家内の紛争や内乱、戦争には民族、国家内で解決すべきで、、外国など外から干渉すべきではない。
本来ならば、そんな事態をまねるべきではないが、万一そんな事態になっても武力によるのではなく話し合いで解決すべきである。 ところが、今回の南スーダンの武力衝突は、大統領派と副大統領派の扮装だけに根深いものがある。それだけに平和的な解決は困難だろう。いずれにしても勝つか負けるか、徹底的に戦う以外道はないだろう。
それが憲法では、外国には派兵すべきではないと規定されているにも関わらず、お節介にも南スーダンに自衛隊を派遣するとは、右寄りの憲法改正論者の私でさえも腑に落ちない。若し犠牲者が出たら、稲田防衛大臣の首は吹き飛び大騒ぎになるだろう。

◎年金法の改正により、少ない年金がまた下がるようになった。特に国民年金は哀れである。少子高齢化に伴い国家財政が逼迫していることは、万人認めているが、私が言いたいのは、範を垂れなければならないのに、下は市町村県会議員から上は、国会議員に至るまでまで、多額の歳費や政務調査費を受け取っていることだ。そのほか無駄が多過ぎる。生活保護者の保護費や透析患者の治療費は良いとしても、例えば車の購入費の援助とか無駄な支出がおおすぎる。
文科省のごときは、裕福な子弟が通う私立小学校の児童にも援助するという。

◎贔屓の琴奨菊がよく負ける。今年の初場所十四勝一敗で優勝して、本来ならば、勝って兜の緒を締めなければならないのに、結婚披露宴と優勝の宴を東京と地元柳川で昼夜2回の気の緩みが原因お思われる。パホーマンスが見苦しい。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ