プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
人口減少日本一
2016/11/01 [Tue]12:57
category:放言
 前回、大川小学校津波事件に対する判決はおかしいと書いたが賛同する人が多かった。自然災害という不可抗力に対し、一人1億円の補償とはあまりにも非常識な判決に、さすがの市も県も控訴するようだsが当然だ。
そもそも大川小学校が避難場所になっていたのだ。今後、自然災害に対しこのような賠償判決が下りるようだったら地方自治体は破産するだろう。政治家や評論家の諸氏も声を大にして本音を語るべきだ。

 2015年10月1日の国勢調査によると、北九州市は、残念なことに人口減少(1万5560人)日本一の名誉?ある記録に選ばれた。、そもそも北九州市は昭和28年2月10日、小倉、八幡、門司、若松、戸畑の5市が合併した新興都市である.
そもそも、小倉は小笠原藩の城下町で維新後は軍都として、門司は鹿児島本線の始発・終着駅と本土への関門海峡連絡船の乗船場として、若松は筑豊の石炭集積場として栄えたが、八幡は寒村であった。それが、日本の近代化にと急遽、官営八幡製鉄所が建設されるや、九州沖縄、中国、四国一円から一攫千金を夢見て人が集まり、皿倉山の中腹まで家が建つようになった。
その殷賑ぶりは博多に凌ぐほどだった。敗戦から今日の発展に尽くした八幡の役割は絶大なものががあった。グローバル化に伴い経済の自由化とともに国際、国内ともに競争が激しくなり、合理化にっ責められ、例えば八幡製鉄は君津や大分などに生産拠点を移ざるをえなくなった。また三菱化学も企業発祥の地黒崎工場も、一時8000人いた従業員も合理化のため、今では800人足らずという。卒業しても就職先が少なく上方に出て行き、それでなくて出生率が低下している。これでは人口が減るのは当然だ。地政学的に北九州が有利なのは、地震と風水害が少ないことに加え、新鮮な豊富な野菜、魚介類の上、大病院が八幡東西区に五つあ、りまさに老人天国である

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ