プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
生老病死
2016/09/19 [Mon]13:59
category:放言
 今日は『敬老の日』、家内と一緒に近くの小学校であった「敬老会」に出席した。足は年相応にボテボテだが。下手な文章だがブログは、4,5日おきに書いている。
余興に、婦人会の舞踊が四曲と小学校校長のギター弾き語りで、美空ひばりの名曲”川の流れのように”他3曲の歌唱があり最後にみんなで「ふるさと」を斉唱し抽選が終わって、赤飯弁当にビール、福寿ひよこ饅頭を頂いて意気洋々と帰宅した。この会を取仕切った世話人に、この場を借りて厚くお礼を申し上げたい。嬉しかったのは、近くに住む憧れの100万ドルの微笑みを持つ美人に会えたことだ。

 かねてからの持論だが、「敬老の日」はそれにちなんで老人の思い出の大正、昭和初期の流行歌や演歌を。「子どもの日」には童謡・唱歌をなぜ放映しないのか。
特に、文科省のバカ役人たちは、文語調で現代の子供はわかないだろうとの理由で例えば、「我は海の子」、「早春譜」な、ど昔の名曲を指導要領から削除してしまった。
また何に阿(おもね)るのか、全てのテレビ局は、軍歌を一切放映しないのはなぜか。しかし歌詞を読んだら分かるように、「戦友」や「広瀬中佐」などは私は涙ぐむほどの、反戦と思いやりの歌だし、「水師営の歌」は国際親善t友好の歌だ。

 生老病死は、如何なる人間にも平等に与えられた宿命だ。オギャーと母親の御腹のなかから出た瞬間から死に向かって歩きはじめる。特に嘆かわしいのは最近、尊い命を粗末にしすぎる風潮だ。安倍総理はアベノミクスではなく、官民あげて、生命の尊厳を強くアッピールすべきと考える。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ