プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
感銘を受けた一文
2016/09/14 [Wed]11:22
category:放言
 先のブログで北朝鮮の核実験について、イソップ物語の寓話「北風と太陽」について書いたが、多くの方はご存知と思うが、知らない方のために簡単に説明します。
”北風と太陽がある寒い日、、どちらが旅人のマンとを脱がすかことができるかと争そい、北風が死にもの狂いで風を吹いたが、旅人は吹けば吹くほどマントをしっかり抱きしめ脱ごうとしなかった。ところが、太陽は暖かい光を燦燦と降り注ぐと旅人は、暑い暑いとばかりにマンとを脱ぎ捨てた”という例え話しである。従って、非難決議をしても圧力をかても、すればするほど、核開発をエスカレートするばかり。イソップ物語の寓話にちなんで、ここらで暖かい風を送ったら如何なものか。効果があるかどうか分からないが、何とかして国際社会に入るようにと思うのが、私の愚見。

『感銘を受けた一文』
過去、何度も警鐘を鳴らしたが、道徳が乱れ命を軽んずる傾向があり、簡単に人を殺し簡単に自殺する。
「人間第一」なのに、、ヒト、モノ、カネに偏重する風潮にある。言葉を上手に言い表せないが、アメリカのグローバル化と成長第一のアベノミクスにあると思う。
 私は意を強くしたのは、京都大学名誉教授・佐伯啓思氏が週刊新潮9/8号に寄稿した日本は『「脱成長主義」の道を選ぶべきだ
ーアベノミクスの限界が見えてきたー
心ある人には是非読んでもらいたい一文だ。>

2,3日前の田中安子さんのコメントによれば、足腰が悪く家の中でも杖をつくほど難儀しているようだ。しかも病院には船で行く不便さ。こんなことなら、帰るのを一二年遅らせて八幡で治療をしておけばと思われる。一日も早いご全快を祈る。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ