プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
2016/09/09 [Fri]15:17
category:放言
 またも安倍内閣で不詳的な閣僚人事。
安倍内閣は党内外共に、1強他弱で順風満帆にみえるが、外交では一見順風だが、内政面では問題がある。その一例が閣僚人事で、今回の閣僚で、非人即ち”人でなし”のような人物を、沖縄・北方担当大臣に任命した。
 先の内閣では、過去下着ドロをした人物を閣僚に任命し顰蹙(ひんしゅく)をかったが、今回は前回に勝っても劣らぬ鶴保庸介氏の起用した。
彼は、2001年に7歳上の元郵政大臣・野田聖子氏(北九州市出身)と事実婚し2004年に別れた。2011年に、十八歳下の美穂(仮名)と付き合い、13年妊娠がわかると、結婚届と同時に離婚届を要求したという。男児の誕生に合わせて離婚届を無断で出したという。法的には責任はないものの、人間失格ではなかろか。養育費8万円は14年でほほかぶり。なしのつぶてと週刊誌は報じている。
また、やっと大臣になった隣の選挙区の山本幸三氏も週刊文春で叩かれている。

毎日、毎日テレビのワイドショウは性懲りなく飽きもせず、小池百合子都知事の一挙手一投足を報じている。
コメンテーターもこれまた甲論乙駁、ああだこうだとだ同じな話しをしている。都知事の報酬は半減しても、テレビでの出演で、プラス、マイナス、ゼロではと思うのはゲスの勘ぐりか。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ