プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
報道の公正さ
2016/05/01 [Sun]09:54
category:放言
『産経抄』4/27より転載

 江戸町奉行というのは、今でいえば、東京都知事と警視総監、東京地裁所長を兼ねたようなポストだった。警察の仕事のなかで、放火、盗賊といった凶悪犯を取り締まったのが火付け盗賊改方である *i池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」シリーズで、時代劇ファンにはおなじみの役職であろう。役目に励めば励むほど、金がかかる。幕府から与えられた役料だけではとても足りない。主人公の長谷川平蔵は、家に伝わる書画骨董を売り払って、密偵たちに配る金を工面していた。池波さんはエッセーのなかで、現代の日本人にとっても、「身銭を切る」ことの大切さを説いている *さて、平成の江戸町奉行、東京都の舛添要一知事はどうだろう。「週刊文春」のスクープ記事によると、この1年間ほぼ毎週末には、公用車で神奈川県湯河原町の別荘に通っていた。テロや大地震が起きても都庁に強行できない、危機管理上の問題も指摘されている *舛添氏といえば、スィートルームとファーストクラスがセットなった、大名旅行のような豪華な海外出張が批判されたばかりである。身銭を切っての贅沢なら誰も文句は言わない。知事が派手に蕩尽しているのは、れっきとした公費である。一部略
*舛添氏は記者会見で「ルールに従ってやっているので問題はない」と開き直ったが、池波さんが尊命なら『男の作法』に反すると烈火のように叱るだろう。
◎東京都は今年度の予算に、海外出張費に3億円を組み、都市外交と問いっているようだが、外交、防衛、教育の大綱は政府の管轄である。
今朝の『新報道2001』に、疑惑のデパートといわれた下村元文科相をコメンテーターとして起用していたが、実に不愉快であった。節操がないのにあきれた。また『サンデーモーニング』でのコメンテーターは、全員反政府系、反自民系ばかりであった。報道の公正から与党系の人材を出演さすべきではないか。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ