プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
監禁事件に思う。
2016/03/31 [Thu]08:33
category:放言
 少女を2年間の誘拐事件の解決は”めでたし、メデタシ”と喜ばしいことが、世の男性のほとんどが、いかわしいことを想像したのではなかろうか。特に、一週間か二週間なら兎も角として、2年間に及ぶ隔離とは異常だ。犯人の準備も驚くほど用意周到だが、2年間も脅かされたとはいえ、一部屋にジット閉じ込められる我慢強さにも驚いた。
犯人の傷がよくなり次第、取調べが進み真相が分かるだろうが、ショックを受けた生徒を取り調べるのは酷だし、差し控えるべきだろう。
従って顰蹙(ひんしゅく)受けるのを覚悟の上で私見を述べてみたい。
2年間も同じ部屋で生活すれば、情が移るし、犯人はペットや人形を可愛がる感覚になるだろう。、一方、時間がタップリあるので、恐らく理数英の勉強を教えていただろうし兄妹や師弟のような感覚になってきたのではないだろうか。
私は犯人は生徒を監禁して大学で学び、意外と冷静で女性の心と身体の成長を見つめだけの清らかな関係のような気がする。あるとすれば、せいぜい幼児の”お医者さまゴッコ”ぐらいではなかろうか?
それは紫式部の『源氏物語』に出てくる「紫の上」や、谷崎潤一郎の『痴人の愛』に出てくる「ナオミ」のように女性美の探究ではなかろうか。飛躍しすぎかな?
 それにしても、”隣りは何をするものぞ”。
都会の恐ろしさを、まざまざ見せ付けた事件だった

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ