プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
自民党の驕り
2016/03/27 [Sun]10:56
category:放言
;">自民党の大西英男衆院議員は25日、前日の派閥総会で巫女(みこ)のくせに何だと思ったと発言したことに関し、「軽率な発言であり、関係者のみなさまにおわび申し上げる」とのコメントを事務所を通じて発表した。「今後は発言、行動により一層の注意を払う」とした。

 大西氏は24日、所属する細田派の総会で、衆院北海道5区補欠選挙(4月24日投開票)の応援で現地に入った際、自民党公認候補への支援を依頼した巫女に「自民党は好きじゃない」と返されたエピソードを紹介し、「巫女のくせに何だと思った」と述べた。
 大西氏は昨年6月にも、報道機関への圧力ともとれる発言で党執行部から厳重注意処分を受けている。
.
上記大西英雄の発言で断固許せないのは00のくせに
という思い上がった一言だ。思い上がりも甚だしい。”何様と思っているのか。「御免なさい」と許される問題ではない。この思いは自民党に蔓延している思い上がりと驕りではなかろうか。その背景は1強他弱、自民党の独走態勢に原因があるのではないか。翻っていえば、野党のダラシナサといっても過言ではないだろう。
私の知人のなかにも、自民党に厭いたし嫌気をさしたが、さりとて投票する政党がないとの声がある。
その大きな原因の一つは、「安全保障法案」『戦争法案』と飛躍し国民を不安に落としいれ煽動することにある。悲しいことは、責任野党がないことだ。
>

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ