プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
平成の大疑獄事件か?
2016/02/04 [Thu]09:45
category:放言
昨日、ギブスは完全にとれたが、歩くと傷口がズキズキ痛む。 

 昨日の国会での岡田克也代表と大西健介議員の質問を視聴して、遅まきながら週刊文春(1/28号)を読んだ。
文才のない私は、内容を上手にに纏めることはできないが、一言でいうと、甘利前大臣に重大な責任があるが、秘書たちも 獲物にありついた猛獣やハイエナのようだ。
読めばわかるが、甘利前大臣の秘書の清島健一氏と鈴木陵允(りょうすけ)氏は禿げ鷹のように、建設会社『S』と総務担当の一色武氏にたかり、何度もキャバクラやフィリピンパブなどで接待を受けると共に金品を要求したという。
甘利氏が、秘書に責任を転嫁できず大臣を辞任したのは、写真や録音をとられ弁解ができなかったことだ。
 この脇の甘さや油断と驕りは、党内、党外の1強他弱の独走態勢にある安倍総理の側近中の側近で、且つ安倍総理の股肱の臣であったことではなかろうか。
自民党支持の私がどう贔屓めにみても、今回の甘利前大臣の事件は、憲法の三権分離が確立しておれば、確実に『平成の大地獄事件』だと思われる。
 テレビを通じて安倍総理の答弁を聞き見て感じ、気にかかることは、体の調子が悪いのか、顔色が悪く興奮気味で、能弁だが質問に対し答弁の焦点がぼけ長すぎるし、しゃべり過ぎだ。
昨日、今日の国会審議を聞いて思うのは、安倍総理は、健康面もさることながら、甘利前大臣辞任問題を含め、経済的な政策面でもほころびが見え隠れし、長くないような予感がしてならないと思うのは?、私だけだろうか。
 素人の私がいうのはお門違いだが、野党の追求も甘いように思われる。

  COMMENT(3)
この記事に対するコメント
幸せ翁さん
実は、小生も翁に田中さんの書き方見習えと書く積りだったーーー それにしても本日 YouTubeで面白いのを見つけた 管 直人 鳩山一郎が朝鮮出身だとか、芸能人に如何に在日朝鮮人がおるのか 又在日韓国系の企業 ロッテやソフトバンクは知っていたが ドン・キホーテ等 驚く そして国会議員 翁が一頃 惚れていた小沢一郎等々吃驚する事が多いーーー翁も一読されると良いヨ
【2016/02/05 14:43】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]

有難う御座いました
ブログのコメントで お誉め言葉頂き有難う御座いました。私は気取る事が嫌いで 思った事 感じた事とを そのまま書いてるだけなのに 誉めて頂き恐縮です。有難う御座います。人と話してる時も何ごともそのまま返事してしまうので、あっさりしてて さっぱりしてるから話しやすく楽しいと良く云われる事がありますが、はっきりしすぎて 警戒される事もあるようです。患者さん相手の仕事なのに時には 貴方は嫌いだから来ないで下さいなどと失礼この上なしの事も云った事があります。「それなりの理由もありましたが」 でも誉められて嬉しいです。有難う御座いました。
【2016/02/05 13:45】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]

良かったネ 翁さん
歳の割に骨が柔らかだったネ  その歳でギブス取れるのにもっと時間がかかると思っていたが 良かったね 最近のブログ 難しい問題を取り上げているが、常々 人間という動物、その本質は太古の時代から変わらないーー元々 日本と言う国土に人類は居なかったが 最初に人間の発祥地は九州だった これは大陸に近かったからであるが 後に有名になった聖徳太子もその母親も渡来人という その頃の人類の根本は今も変わらないーーー甘利事件も今後も再々起こりうる事で、翁さん カリカリ頭に来ない様 のんびりして観てゆきましょうーーー失礼しました。
【2016/02/05 06:59】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ