プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
金鈴健康法その三
2015/11/29 [Sun]11:06
category:放言
 以下の文は約50年前、私が発行した日本金鈴会総裁・小倉市助役・香月久著『水で冷やせば強くなる』-金鈴健康法ーから抜粋した第三部(理論と実践)である。
 金鈴会の由来、厳密にいうと金冷会の冷だが、同じ発音の鈴にした法がゴロもよく上品だからである。
そもそも金鈴の学理は、人間の体温は60度から70度Cだが精子が生きる睾丸(ゴールデン・ボール、ホーデン)は50度Cである。
しかも皺が多いのはラジエーターのヒダと同じく放熱作用をしているからである。しかも体は表皮、中皮、真皮と3枚あるのに対し睾丸は9枚あり、クッションの役割を果たし絶えず伸び縮んだりしている。
難しいことはさておいて、人間には自然治癒力があり、それを補助するのがバランスのとれたホルモンである。病気の多くはストレスで、それを跳ね返すのが脳下垂体と副腎皮質ホルモンである。人間の一番大切なところに刺激を与えると同時に血液の順行をよくし、ホルモンの分泌を盛んにし短時間に効果を高めるのが金鈴法である。
この本によれば、動物実験として、スコットランドで数百頭の羊を放牧し、羊の雄の睾丸に断熱材のアスベストの袋で包んだところ、 2日後には食欲がなくなり動きが緩慢になり一週間後には喪家の狗の如く蹌踉とした足取りだったいう。驚いたことに1週間経ったら雌の羊も元気がなくなったという。袋をはずしたら3時間で元気になり雌の背中に乗ったそうだ。、
実践篇  
風呂でゆっくり睾丸を暖めダラッとなると、冷水で睾丸を小さくなるまで冷やし、また風呂で温めて伸ばしこれを3回繰り返し、最後に冷やして風呂から上がることである。この本を読み始めてから実践いるが歳が歳だけに屹立しないが、、実にに爽やかである。睾丸に皺が多いのはラジエーターの役割をするためである、
「女性の金鈴」の項では、大正12年9月1日、東京大震災の折、東京女子医大学長・吉岡弥生氏は、悲惨な現状をみて伝染病や皮膚病の恐れがあるとみて、冷水を浴び、特に局部を丹念に洗い、それが習慣となり金鈴法を続け当時高齢の80数歳の天寿を全うし副総裁に就任したとこの本にかいてある。
その他、立場が立場だけに面白いエピソードが満載である。

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ