プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
大問題、三題。
2015/11/24 [Tue]12:47
category:放言
 自民、民主、共産党と多くの政党相手に、橋下徹は完勝した。この圧勝の原因は、私は橋下の演説だと思っている。
建前の演説の多いなか本音で選挙民に語る姿に、有権者が痺れたもので、丁度、ヒットラーの出現を彷彿「ほうふつ)される。
そもそも、橋下は”たかじんのなんでも言って委員会”で本音でずけずけ語り、人気を拍し当時、”親方日の丸”の公務員の黄金時代。それに大鉈(おおなた)を振るい、改革した手腕に市民が拍手喝采した。
 政界を引退すると言いながら、今度の勝利で間違いなく国政に出馬するだろう。そして間違いなく当選するだろう。
そして国民の期待に応えて、破綻寸前の国家財政と、乱脈を極めた国家・地方の議員及び公務員に大メスを入れるのではないか。

 昨日は事もあろうに、祖国日本の袮栄(いやさか)を祈って亡くなった兵士を祀る靖国神社に爆弾を仕掛けるとは言語道断、大いなる怒りを覚える。来年は志摩サミット、19年にはラグビーのワールドカップ、20年にはオリンピック、パラリンピック、治安を誇る日本も何があってもおかしくない時代になってきた。しかも、現在、サイバー攻撃という電波による戦争が始まっているという。

 20日、相撲協会理事長・元横綱・北の湖が九州場所中、62歳の若さで亡くなった。24回の優勝は歴代5位。
2002年、第9代理事長に就任したが、相次ぐ不祥事で08年辞任したが、12年再度理事長に就任した。
まさに惜しまれながらの今回の死は、壮絶な名誉の戦死といえよう。
一般的にスポーツマンは短命といわれるが、これは極限までも体を鍛えるからだ。私の1歳上の従兄弟は、黄金時代の明治大学のラガーでオールジャパンのメンバーだったが、40歳の若さで他界した。
>

※、金鈴法その三(学理と実践)は近く書く予定
  COMMENT(3)
この記事に対するコメント
先程聞かれてたYouTubeの件
YouTubeを出すにはインタネットで、Craving EXPlorer と出して見て下さい。YouTube が出るはずです。私の所ではアイコンがそのように入ってますので、私もくわしい事は分かりません。
【2015/11/27 17:41】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]

翁さんにお付き合い 続き
昨日のテレビ見ていても判る様に子供が子供を育てた 野村県会議員   如何しようもない子供だ。しかし それを選んだのは有権者に他ならない そして 我が国の有権者の大半は高齢ーー医術の進んでいる国は高齢者が多いと云うーー若い連中は 子供を作らないーー そんな世の中になっている 昨日、翁も見ている You Tubeで高峰 三枝子の「情熱のルンバ」津村 健の「上海帰りのリル」を見聞きしたが良かったーーー
【2015/11/26 07:55】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]

翁さんにお付き合い
以前から、根っからの大阪人と云うのは、何故か東京に対抗する気風があったが 東京.大阪で人生を過ごした小生には判る気がする 当時は、東京人は大阪の事を関西と云っていたーーー 大阪人と云うのは、余り政治に関心を持たないーーー以前も大阪府知事に パンパカバーンでならした 横山ノックを選んだように、テレビに出ている人間の云う事に耳を傾けるーーー橋下は、単なるタレントに過ぎない 話している一連の言動を見ているといい加減さが見えてくるーーー 今の我が国の現状 可笑しな国になって来た  子供が子供を育てている国になっている 神代の時代から人間の本質は変わらないーーー
【2015/11/25 06:06】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ