プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
傲慢な野党。
2015/09/15 [Tue]13:01
category:放言
 街の中心部にある普天間基地を海上の辺野古に移転するのに、沖縄の翁長知事と一部の県民が猛反対しているが、私には合点がいかぬ。アメリカに占領され基地になったからこそ、日本に返還されたが、もし中国だったらチベットやウイグル地区に見られるように、人権は奪われ虐げられているだろう。またロシアだったら北朝鮮のように、一部の特権階級のみが豊かな生活を楽み多くの国民は飢えに苦しむだろう。
辺野古移転反対している人たちに、共産党が影で操っているように思えてならない。一時私が共産党にいた頃は、当時の社会党でも党員の憧れの理想の国は、ソ連であり中国であり北朝鮮であった。思えばその証拠に、うたごえ酒場といってロシア民謡が流行ったものだった。
 今回の安保法案の論調を視聴する限り、永遠に話がつくわけはない。野党のなかで真ともな質問は、次世代の党のような気がする。自民党も、この党と修正協議すべきと思うが如何がなものか。
野党の党首会談の模様がテレビで放映されていたが、哀れなのは、末席にいる小沢一郎の姿だった。
自民党幹事長時代、辣腕を振るい、新政党時代、細川、羽田元総理を従え、民主党時代は一族郎党2000人を連れて当時の中国のこきんとう主席と握手させ、新年には民主党の幹部が自宅に挨拶に訪れ、まさに飛ぶ鳥も射落とす勢いであった。それがこの体たらくのザマだ。彼にはプライドや矜持があるのか。実に情けない。

ブログを書き始めたら下手なりに、すいすい筆が進むのだが、それまでが億劫で血が滲むほど苦しむ。
去る3日、94歳で天寿を全うした阿川佐和子の父親で、作家の阿川弘之さんの死を悼み2011年1月13日号、週刊文春で実現した父娘対談の中で、死の寸前まで、 森繁久彌(語り)、久世光彦(文)で、2006年発行の『さらば大遺言書』を読んでいたとあったので、早速図書館で借りて読んでいるが、素晴らしく格調高いエッセイ(随筆)で文章が流暢で、尤もだ、尤もだと頷きながら読んでいる。歳をとると肩の凝らない随筆がいいネ!

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
こんにちわ
昨日のW杯のラクビ楽しみにしてたのに残念でしたね。でも選手の皆さん良く頑張りました。ご苦労さんと云ってあげたいです。Tさんのグロブ読ませてもらってます。敬老の日ご夫婦で出かけられて 好きな音楽や御馳走食べられてよかったですね。ホテルグランパレスでの真っ赤になった沈む夕日を眺め ながらの食事をされてた お二人さんの姿が目に浮かびます。100万ドルの夜景を見ながらの食事 若かりし日に帰られて奥様との一夜も楽しかった事でしょう。前の席に美人が 後ろの席に好みのタイプの美人が 何てよそ見をせずに 横の奥様との楽しかった思い出を思い出しながら たまには奥様にサービスして見ては如何でしょうか ?
【2015/09/24 11:44】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]

繰り返される人間の歴史
昨日の外国のメディア 日本の国会でラグビーの一戦とある マスコミは反対派のニュースを 主に取り上げてきたが、賛成派の事も流し始めた いずれにしても 戦争を知らない人間 何故 日本が戦争に踏み切ったのかーーー そして 当時の若者が 特攻に走った気持ちーーー考えて見る事 必要な時代だ 今の世相 子供が 子供を育てている 時代の変化
しかし 今一度 振り返って見たいものだ --- 翁さん 如何かなーー
【2015/09/19 05:52】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ