プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
ビックリ仰天。
2015/07/15 [Wed]11:24
category:放言
 7月16日号の『週刊新潮』に、ノンフィクション作家・工藤美代子の特集『「寛仁殿下」が「信子妃」に家庭内暴力というひどい嘘』を見て、ビックリ仰天。それは、信子妃が兄妹とはいえ、麻生太郎副総理に”瓜二つ”全くソックリであることだ。
 寛仁殿下がその66年の生涯を閉じられたのは、3年前の平成24年6月だった。私をはじめ多くのの人が不思議に思ったのは、祭主が妃殿下でなく、長女の三笠宮彬子女王であったことだ。
 去る7月号『文芸春秋』に彬子女王の特別手記が掲載され、女王は『母には三笠宮両殿下にお詫びしてほしい」ー父、寛仁殿下の死がもたらした三笠宮家との劇的な和解。そして十年前に家を出た母への願いー

 過去メディアで、お二人の長い別居の原因は、寛仁殿下のドメスティック・バイオレンス即ち家庭内暴力だと散々言われもしたし、、たたかれてももしたが、今回の工藤美代子の文章によれば、信子妃の虚言癖によるものだ。例えばよくいわれる尾てい骨折もゴルフで転倒したものだし「幽閉」の事実はない。工藤美代子の著作を約十冊読んだが、実に綿密に丹念に調査して書いてある。今回も彬子女王を始め多くの方に面談し、彼女の説を信用してよいだろう。
信子妃の顔写真と三笠宮家の紛争に関心のある方は是非、『週刊新潮」7/16号をお読みされたし

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ