プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
遠交近攻
2015/04/22 [Wed]14:29
category:放言
 北九州は、東日本のように地震も強風や豪雨はなかったが、一昨日まで雨に見舞われ寒い日が続き桜見はさっぱりだった。科学が如何に進んでも、地震や風水害、春に花が咲き、冬に雪が降り」、どんな小さい虫でも造れない。、自然の前には無力といっても過言ではない。

  鍋島藩士・山本常朝の有名な”武士道とは死ぬことと見つけたり”『葉隠』に、”人間一生わずかなことなり、好きなことをして暮らすべきなり”と武士道の精神に反する矛盾した言葉がある。
それを実践しているのが、朝日新聞と毎日新聞である。新聞紙上では、学歴社会の偏重に異を唱えながら、週刊誌では、大学の高校べつ合格率や、私立中学・高校への進学を煽っている。、私立中学進学の家庭は裕福だから、財政緊縮のおりから教科書を無償にする必要はない。

 四つの漢字、『遠交近攻』にあるように、近い中国、韓国とは、尖閣列島、竹島問題等揉め事が多い。
昨日の靖国神社春季大祭に安倍総理が、真榊を奉納したことに、早速、中韓が、「国際秩序」を否定する行為』と噛み付いた。なによりも唾棄すべきは、それに便乗する政治家とマスコミだ。兼ねてから疑問に思うのは、中国の人権問題に抗議すると、内政干渉と烈火の如く怒るのに、靖国や教科書問題に対し、何故、日本政府は内政干渉と強く抗議しないのか。
情けないのは昨年、秋季大祭に行った気骨のある?山谷えりこ女史が、今期は中韓に気兼ねしてか今年は参拝しないことだ。私は売国奴の最たる政治家は河野洋平を除いて、、菅直人と鳩山由紀夫ではないかと思っている。愛読者のご意見は?。

明朝、校正する予定。
  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
選挙・美人候補者
情報誌によると 26日投開票の東京・港区議選で 美人過ぎる候補者 たちが激しいバトルを展開中 立候補47人(定数34)中、13人が女性 同区は各党から美人候補者がしのぎを削る激戦区として注目を集めているようです。美人度で票が動く可能性が十分あるようです。地盤(組織) 看板(知名度) かばん(資金) の3バンにも勝る 美人コンテストの模様です、自民からは2名 モデルとして活躍した人 や 美しすぎると騒がれた人 民主党からも産経新聞からの美人記者 維新の党からも美人候補を呼び声が高い会社経営者 日本を元気にする会からもプロ野球ロッテのマスコットガールやアイドルであった女性等 港区は人口の1割が外国人で 国際戦略総合特区に指定されていて グローバルな取り組みや考え方を奨励しているようです 果して勝利の女神は美人候補者自身に微笑むのか 乞うご期待。
 
【2015/04/24 15:06】 URL | 原田進 #- [ 編集]

選挙。投票率
今日の新聞に選挙の投票率が過去最低を更新している。若者の選挙離れはともかく、中高年の選挙離れも 中高年の方が若年層を上回る傾向にある その理由は人口減少や市町村合併の影響で投票所数が減少や地域社会との関わりが希薄な有権者の無縁化が背景にある、又投票所に5分以内に行ける人の76%が投票にいったと回答した人の反面 20分以上掛かる人は47%いかなかったと回答するなど、投票の不便さが中高年のせんきょばなれに歯車を懸けている 又政治への無関心 や 無力感 住民が声を掛け合い投票に行く光景が減りつつある 期日前に地域を巡回して投票機会を設けるなど 投票弱者への支援が必要ではないか と 提言する。ちかじか私も投票率アップに向けての NPO法人を立ち上げるつもりでいます。
【2015/04/23 12:58】 URL | 原田進 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ