プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
2015/04/04 [Sat]13:53
category:放言
今日、気品溢れる美しいT夫人から甘くてちょっぴり酸っぱいパール柑が送られて来た。
真珠の粒に似ていることから、パールの名称で知られているそうだが、私一家は初もので、ザボンの大きさより一回り小さく味は、爽やかでちょっぴり甘く、淡白で初恋の味がして美味しかった。
今日、久しぶりN君と会ったら「最近の貴方のブログは、真面目で固すぎて面白くないとみんな言っていますヨ。少し色っぽいエッチなのを書いたら」と言われた。そういえば最近アクセスが100超えることが少なくなった。
それはネ、数人の美人の令婦人が読んで頂いていると思うと、笑われはしないかと、つい気取るからである。
おそらく瀬戸内寂聴最後の小説と思われる『爛』を三日前、読み上げた。
それは、当時九十一歳の著者が生と性を円熟の筆で鮮やかに描きだした作品であった。
ーどんな時も母であるより女であった。人は何歳まで恋に生きることができるのかー
余韻の中で、いつしか切実に死を想うようになった。八十歳を前に自殺を遂げた友人・茜の数奇で奔放な人生を振り返り愛欲の底知れなさに思いを馳せる人形作家・瞳。静かに燃える女たちの波乱に富んだ人生を描く。
官能SM作家の第一人者・団鬼六の『往きて還らず』を昨晩一晩でで一気呵成に読み上げた。
変態作家と蔑んでいたが、どっとどっこい、鹿屋航空隊での、神風特攻隊の出陣前日の恋人との別れを、ビビットに描かれ滂沱(ぼうだ)の涙で枕が濡れるほどだった。

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
喝采 翁さん 昨日の内容
今朝見た翁ののブログ 結構ですよ 人間の本性(特に今回は女性に関して)は、書かれている通りだ。どんな時も母であるより女であったと云う くだりーーーその通りだ  ところで昨日 選挙の掲示板に立候補者の顔が並び始めた 翁さん ボツボツ 原田氏に詳細コメントを依頼してみたらーーー よそ者の小生 県会議員 県知事と云っても どれが如何なのか 判らん 宜しくーーー  
【2015/04/05 05:40】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ