プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
憂国の士の引退。
2014/12/18 [Thu]15:24
category:放言
憂国の士・石原慎太郎の『心残りは”憲法改正”で憎まれながら死にたい。』
上記は、憂国の士・石原慎太郎の16日、日本記者クラブでの政界引退の発言である。
日本中、いや世界中誰も言えない、何と壮絶な素晴らしい言葉だろう。政界は引退しても、政治や政治家に対する辛辣なご意見番は続けて欲しいものだ。

共産党独り勝ちの今回の選挙で、他の野党の大敗の理由は各メディアや評論家が述べているが、再編しなければならないのに、逆に分裂、激しくはみんなの党のように解散したことにある。この際、次世代の党は維新の党に復帰すべきではないか。
いらぬお世話だが、政界じゃじゃ馬男の亀井静香は当選したものの、一人でどんな活動するのか、我ながら気がかりだ。
また民主党の代表に誰が選ばれるのか。この際、思い切って憲法改正派擁護派に分かれ、擁護派は、共産、社民、小沢一郎と統一会派を結成したら如何なものか。
先に”殉愛”の読書感を書き感動したが残念ながら、今や各週刊誌の標的になり、かまびしいこと夥しい。
一例をあげると「週刊新潮」の見出しは、故やしきたかじん 遺族と関係者泥沼の真相 未亡人の重婚疑惑 訴訟乱立!遺産を巡る争いーたかじんは草葉の陰からどう嘆いているのか。何れにしても、2年間に亘るさくら の不眠不休の涙ぐましい献身的看護は事実のようである。

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
翁安堵した
ブログ更新見て安心した 自分自身が調子悪いので 翁もーーーと思ったがーーー
今年は各地で大雪 地球全体も変わってきている 唯、人間の本質だけは変わらない 憲法改正も 時代が変わり現状を考えれば改正するのが妥当、翁も無理せず続けて下さい 神様のコメントが無くなってきたら 途端にアクセス数が激変 寂しい お願いします。
【2014/12/19 08:31】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ