プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
解散?に想う。
2014/11/15 [Sat]16:53
category:放言
  昨日、書いた『文は人なり」は、数週間前から暖め資料を集めた自信(愚作)である。
週刊誌二誌に載った5人の評論と居つき寛之の『親鸞』を読み、つくずく考え思い出したのは、中学時代歌った三上卓海軍中尉の作詞作曲した『青年日本の歌』別名(昭和維新の歌) の一部を紹介する。
   権門上に奢れども、国を憂う誠な、し
     財閥富みを誇れども、社稷(しゃしょく)を思う心なし。
  ああ人栄え国亡ぶ、盲(めしい)たる民世に踊る、
     治乱興亡夢に似て、世は一局の碁なりけり。
 
 近く安倍総理は解散総選挙をするとのことだが、上は国会議員、下は市町村議員、首長及び一部の特権階級と大企業の経営者とその恩恵にあずかる人を除き国民の大多数は指導的立場の政治家はできもしない美辞麗句を述べず、襟を正し、議員定数及び歳費を削減し不条理な政務調査費を全廃すべきだと思っている。


昔は政治家は井戸塀になるといわれ、有名な女優・細川ちかこを愛人にもつ大日本精糖のオーナー社長・藤山愛一郎は、おだてられて政界に出たもののむしりとられて丸裸になった。情けないことに、いまや地方議員は高給とりのサラリーマン化してしまった。『先憂後楽』身をもって、議員定数・歳費を削減し政務調査費を返上する気骨のある議員はいないのか。
 総選挙は自民党が、多少減っても圧勝するのではないか。なんとなれば野党には、、かっての小沢一郎ようなアクの強いリーダーもいないし、一時人気絶頂の橋下徹も評判を落としつつあり、花があった渡辺」喜美も翳を潜め、硬骨漢で知られる石原慎太郎も引退の模様。然るに野党第一党の民主党には国民を引き付ける人材なし。。
 さりとて安倍総理も就任ときの勢いは影を潜め、「文芸春秋」12月号>によると、アベノミクスは失敗の恐れさえ出てきたという。北朝鮮による拉致被害者の救済もおぼつかない。
 独り気を吐くのは、安倍同様、世襲三世・大財閥で、マンガ太郎こと麻生副総理だ。国会答弁や講演をきいてて面白いが、果たして下々の庶民の苦しみを肌で感じているのか疑わしい。日本の最高の権力者の今日、もうボツボツ漫画を卒業して、先にあげた5人のエッセイを読んだら如何なものか。
  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
翁さん
人間は、人間の研究が必要 今の我が国の事情を考えたら消費税は必要 しかし、今朝のニュース 街頭でアベノミックスに就いて質問、ある主婦は ここ4年間 主人の給与が増えていないのに 1割の消費税になると、食べる事も大変と云う コメント 人間生きて往くうえで 衣 食 住は絶対的に必要 総理は解散して国民の信を問うと云うが、時間と金の無駄ーーー橋元市長にしても テレビで名前売れたからと云うだけで当選 そして調子に乗りすぎている 過っての横山ノックを思い出す そして今度は福岡市長の再選 選ぶのは選挙民 選挙にしても野党も話にならない 翁 詰まらん世の中になったものだーーーそれはそうと 今夜 8時から歌謡コンサート 顔ぶれも大した事ないがーーー知らせておきます。 
【2014/11/18 08:37】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]

翁さん 一言
昨日のブログ 難しすぎる 藤山 愛一郎の事 一昔の事になるが 当時 世間を騒がした。お坊ちゃんのする事では 片づけられない 人間社会 男と女 (最近、第三の性)も話題になっているが。貧乏から立ち上がり、組織(人間)を作らず 金だけを信じ、金を動かして伸し上がる人間、資産は無くても頭と弁舌を巧みに使い分ける御仁も居る 翁 地元の人間に就いて色々教えておくれーーー
【2014/11/16 07:49】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ