プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
水素水の効用(その二)
2014/06/28 [Sat]13:15
category:放言
 先に水素水の効用(一晩4.5回トイレに起きたのが、この水を飲み出して約一ヶ月で、1.2回になった)を書いたら早速、親友のOさんから電話があって、一晩にトイレに4.5回起きるので横に寝ている妻がユックリ眠れないとこぼすので、もし貴方のブログが本当なら詳しく説明を聞き、よかったら即刻購入したいとのことである。
その晩、Oさんのグループ・kuさん,kaさんと一緒に一杯飲みながら説明し、昨日正午、専門家を招いて説明し購入契約にサインしてもらった。
 トイレの回数が減ったことは勿論、高齢者特有の残尿感がなくなったこと。今までは、小便が真下に墜ちるのて下着が濡れていたのが、真っ正面にしかも、勢いよく飛ぶようになってパンツが汚れなくなった。これは高齢者の健康のバロメーターである。前立腺肥大は、昔は手術していたが、現在では薬で治す時代とのことである。クスリを飲み始めてやく1年半、クスリだけでは、目立った成果は現れなかった。

高村『日本人なら勉強して』
 「地方議会であっても、 日本人であれば慎重に勉強してもらいたい」 自民党の高村は副総裁は27日の記者会見で、岐阜県議会と那覇市議会で自民党議員が集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を批判する意見書に賛成したことを批判した。高村氏は「いまだかって一つの閣議決定に当たり、これだけ慎重にやったことは私の経験では知らない」と強調。さらに「自国の存立を全うするため必要な自衛の措置をとることを憲法は禁じていない」とした昭和47年の自衛権に関する政府見解に言及し、、「この見解を出したときも与党の事前了承はなかった」
  COMMENT(3)
この記事に対するコメント
朝日シンブンは北橋さんの言う市民党が好き
 原田さんの「北九州市政26」の件ですが、読売はともかく朝日シンブンは北橋さんの言う市民党なんていうのが好きなマスコミ。本音を言えば、この時点で市民党の皆さんの動揺を与えたくなかった~
 ~形式的には「麻生太郎は決まった候補予定者がだれか、言っていない」~~それでは記事にならない~~との逃げもできます。(翁の後輩)
【2014/06/30 08:39】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]

北九州市政26
昨日の麻生副総理の市長選自民候補確実に擁立 発言に反響がすさまじかった、今朝から マスコミはじめ 他派市議より電話あり これで市長選が確実にありますね、今まで選挙があるのか、北橋独走か そのようなことが予想されましたが、いろんな意見があることは 新聞紙上で読みましたがと、しかし 新聞 毎日、西日本、には載っていたが 何故か朝日、読売新聞には載っていない 、調べてくれとのことで 聞いてみると 麻生さん副総理ではあるが 自民党の要職ではない 個人的な言葉で 党を代表しての言葉ではない、そのような解釈で新聞に載せなかったようだと 噂あり 大手新聞もいろいろな決まりがあるみたいです。
【2014/06/29 20:20】 URL | 九州西安建築設計有限公司・原田進 #- [ 編集]

勝てるか、勝てないか 北九州市長選候補
 原田さんの北九州市政25ですが、タローさんがあそこまで言うなら、それは当然、自民には自信ある候補を決めたということでしょうね。
 よくある話ですが、こういう場合は現職は当分態度を明らかにしないが、実はすでに転身(国政再復帰)を考えている~~と言うのがあります。また現職はタローさん側情報をスッカリ承知しているのでしょうね。(翁の後輩)
【2014/06/29 09:56】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ