プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
原発の是非。
2014/04/04 [Fri]15:41
category:放言
From: 岩田 収司 Sent: Monday, January 06, 2014 4:57 PM
To: 春木  聡; 小野 晃; 井原 等; 諏訪 吉信; 西垣義治; 牟田 郁二; 谷口 賢一朗Subject: Fw: 私はなぜ  ロバート・ストーン
From: 大橋 武郎 To: 大橋 武郎
Subject: 私はなぜ  ―ロバート・ストーン
皆様 へ
大変興味深く、重要な問題です。

 私はなぜ、原発支持に転向したのか ―自らの眼で確かめ、自らの意思で決断せよ!-  ロバート・ストーン(映画監督)

ロバート・ストーン監督制作の『パンドラの約束』は、アメリカではCNNのプライムタイムに放映されるなど、注目を浴びております。日本での4月の上映が待たれますが、月刊『致知』1月号にインタビュー記事が掲載されておりますのでご紹介します。(「意見・判断」連載28)(添付ファイル)

「ラジオ・ビキニ」でデビューしたストーン監督は、反原発、環境保護を訴える作品を一貫して制作してきたのですが、なぜ今回、正反対の考えに転向した作品をつくったのでしょうか。

一番大きな影響を与えたのは、環境保護運動のパイオニアであり、アメリカでは知らない人がいないくらい伝説的な人物である、スチュアート・ブランウン氏が、原発支持に転向したことであるといいます。映画には、彼が登場してその考えを説明します。

核廃棄物問題についても、電力の80%を原発で賄っているフランスですが、発生した廃棄物は、1メートル四方で長さ10メートルほどの燃料棒となり、バスケットボールのコートくらいの広さの貯蔵所に収められているといいます。

フィンランドの大げさな廃棄物処理場をみて、「廃棄物の出口がない原発」という観念に短絡して取りつかれた小泉元首相ですが、是非この映画を見てこういう事実を知って戴きたいものです。それでも未だ誤った自説を変えないとしたら、知的誠実性、もしくは知的誠実性が問われます。

1月18日のこの通信でご案内したように、原発は化石燃料発では言うまでもなく、太陽光発電に比べても5倍も安全なのです。(単位発電量当りの死者)
最も安全な原発ですから、普通の頭で考えれば、推進すべし、ということになるはずですが、「脱原発」などというバカ気た主張がまかり通っているというのは、異常としか言いようがありません。自分の眼で確かめに加え、自分の頭で考えることが大事ではないかと思います。

マス・コミが余り伝えていませんが、原発支持への転向は、世界的な流れの中で起こっていることでもあります。
国際的な科学者の組織「放射線の正確な知識のための科学者連合」(Scientists for Accurate Radiation Information)(SARI)が、我々の「放射線の正しい知識を普及する会」(Society for Radiation Information)(SRI)とほぼ期を同じくして結成されたのはその何よりの証です。
平成26年1月6日
「放射線の正しい知識を普及する会」事務局長 茂木弘道





テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(7)
この記事に対するコメント
六助道路と命名されたであろう東九州自動車道
 田中六助がもっと長く生きていたら~~岸信介の娘(シンゾーさんの母上)が、安倍晋太郎でなく(言い寄って振られたが~~)田中六助夫人になっていたら、「東九州自動車道」は、とっくに出来ていた。

 現九州自動車道は、八幡のほか直方、鞍手を通るが、ここも旧二区(中選挙区)票田。太郎サン、朝雄サンから朝彦サン、健治サンらが棲み分けていました。

 六助道路と命名されたであろう東九州自動車道があれば、大分ん氏が博多に行くことはない。豊後高田のボンが博多市長になることもなかった。大分ん氏はみんな、小倉魚町に買い物に来た。こちらも別府温泉がもっと近くなったんだが。(翁の後輩)
【2014/04/07 10:03】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]

自民党
先週から2~3日前まで 自民党 麻生副総理 大家参議院 が続けて政治資金 パーテイーを開いた 麻生さんは博多のシーホークホテル 大家さんは博多ニューオータニ どちらも大盛況でありました やはり自民党 会費も2万円の大きな懇親会でありましたが どちらも今の勢い 時の時流に載ったなかなかの懇親会でありました。北九州市長選の自民党候補も次第に固まりつつあるようです、一時期 ミハラアサト君が噂に出てきていましたが 本人が誰もいなかったら私が出馬しようか と言った戯言が本人は本気だったかもしれませんが 一気に広まったようです しかしアサトクン この様な事がよく考えないと 軽率な言動が広まると言うことは将来の為にはなりません 後2カ月から3カ月後に自民党候補が確定するでしょう。


  
【2014/04/06 13:07】 URL | 九州西安建築設計有限公司・原田進 #- [ 編集]

中津からきたヤミイチ上がり店舗
 春たけなわ、外出するとまた言いたくなりました。以前も書きましたが、小倉のデパート、魚町銀天街に来ていた大分の友人は、高速道、大分交通高速バスでみな、博多に買い物に行きます。いま博多の青年市長は豊後高田のボンというのが象徴的。

 そもそも魚町銀天街店舗の多くは、ご維新以降に豊前、豊後から来た商人。戦後のドサクサで中津からきたヤミイチ上がり店舗もいまや老舗。こうして今日まで小倉に人脈が築かれたのですが、もはやそれも希薄。高速道路の九州道、大分道が流通動脈になったからです。

 結局、昔は長崎本線と鹿児島本線の分岐点鳥栖が重要になった。佐藤栄作が若い頃鳥栖駅長だったが、この鳥栖という交通要衝が、高速道路で再び復活。だいたい、九州高速道路網での交通要衝は、門鉄時代と同じように、北九州が担うべきで、歴史的にも博多は、そのオコボレを貰う構図だったはず。

 また、本州側の中国道は高速道路として路線設計が古く(まぁ、北九州高速4号も同じ)より新しい山陽道に交通の重心が移った。九州道も博多に寄らず、飯塚を抜けて鳥栖のほうに行ってれば、いまの博多のエラソウにエラソウにの態度はなかった。難所とか言った冷水峠、八木山峠など、現代土木では工事も難しいことではなかったでしょうに。しょせん太郎さんもトーキョー学習院の人で、地元のことはピンと来なかったのか。(翁の後輩)
【2014/04/06 07:49】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]

中井、日明は、かつて死んだような街でしたが
 ちょっと所要で、小倉の中井、日明に行って来ましたが、かつてはパッとしない場所だったのに、最近はマンションその他、商業施設も整っているのにビックリ。なぜだろうと考えましたが、結局は都市高速2号線の恩恵。つまり西港につながる日明出入口と西港出口がある地の利です。

 友人が都市高速は都合よく出来ていない、とぼやきますが、実際そうです。思えば4号線は八幡高校が移転した当時、道路公団のものでした。それがやがて北九州都市高速に化けてしまった。4号線は道路公団時代は筑豊に抜ける高速道路として造られたもので、黒崎、折尾方面はハナカラ無視されていたようです。

 やがて、ワンランク上の九州道ができ、4号線と企救半島と皿倉山麓を併走する”二重回路”で今日に至っています。結局は北九州独自の都市高速は、お茶を濁す程度の短い1号、2号、3号でしかないということです。地元出身でない市長サンたちは、港湾重視の出身官庁、労組頼りの出身政党の意向ばかり気にしたんではないでしょうか?

 黒崎、折尾方面活性化には黒崎バイパス段階にとどまらず、本城、淺川方面に抜けけ、若松半島にも利便さを与える都市高速が是非、必要と痛感します。実際、かつて小倉の中井、日明は、死んだような街でしたが、日明出入口と西港出口のおかげで生き返っています。(翁の後輩)
【2014/04/05 16:34】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]

花見のシーズンなのに寒いですね
昨日の私ブログに 翁の後輩さんから 春の色彩を感じると言われ、何だか嬉しくなりました。春は何処も花盛りで私の一番好きな季節です。山も海も大好きで 遠い所まで旅行しなくても 近場で楽しむ所はイッパイです。綺麗に作られた公園や庭園も良いが、自然が好きです。皿倉山のてっぺんに 登りおにぎり食べて 八幡の街を一望するのも空気が綺麗ですっきりします。目の保養と頭の選択するのに持ってこいです。又若松の岩屋や初でのんびりと海を眺めるのも頭も心もあらわれる気がします。門司の布刈公園で海を眺めながら、珍しい大きい船が通るのを見るのも大好きです。何も考える事無く、只 綺麗と呆然とする事も血液が一瞬でも綺麗になり すっきりします。
皆さんも時間が有れば試して見て下さい。
【2014/04/05 13:45】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]

苦言! 翁さんヨ 
翁さんヨ 先日から 黒崎一番の美人妻さんや、田中治療院さんから、誕生祝のコメントが在ったのに 返答が無い 今日も後輩さんからコメントが入っている 自分のブログを見ないといけません。あれだけ、皆のコメント 楽しみにしているに 何事ですか 苦言贈呈
【2014/04/05 13:05】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]

海辺から山々まで四季折々
 田中治療院さん春の便りと、その結びの「皆さんも時間を作って 花や新緑を楽しむのに たまに 散策にお出かけになられては如何でしょうか。?」には、色彩を感じ、わが土地への充足感にムズムズするほどです。もともと自然豊かな土地、かつては洞の海を中心にした田園と漁村だったからです。

 実際、いま北九州は海辺から山々まで四季折々、居ながらにして自然を楽しめます。かくして環境大都市北九州に自然は戻ったが、一方で博多が「人口百五十万を目指す」とエラソウなこと言っているのに対抗もできない人口減~~。

 翁がいつぞや歌っておられた八幡市歌の二番目、「焔延々 波涛を焦がし 煙もうもう 天に漲る 天下の壮観 我が製鉄所 八幡八幡われらの八幡市 市の進展は われらの責務」~~の、大衆エネルギーに満ちていたあの時代も懐かしいものです。(翁の後輩)
【2014/04/04 17:58】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ