プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
馬齢を重ねて85年。
2014/04/02 [Wed]12:26
category:放言
東京にもチャイナ・タウン、在日外人のなかでダントツに激増する中国人

 日本社会に「生活の本拠」を求めようとする外国人は、ダントツに中国人が増え続け、ついに首都、東京・池袋西口北側に、横浜、神戸、長崎に次ぐ第四の「中華街」をつくろう、という動きにまで発展した。さらに上海などで事業に成功した中国の富裕階級が、日本にマンション、別荘を買い求めようとして、ツアーを組んで、下見に来る段ともあいなった。

  出入国管理当局などの統計によると、2007年末、日本に長期居住している外国人登録者は総数215万2973人だが、国籍別でトップは中国人(台湾、香港などを含む)で、60万6889人に上っている。1996年の定住・中国人は約28万人で、在日韓国・朝鮮人の半数にも達していないが、十一年後、逆転、在日韓国・朝鮮人を1万3400人も追い抜いており、この中国的な勢いは当分、止まらないだろう。

 日本の大学等で学ぶアジア人留学生は約11万人だが、その過半数、約7万人は中国人留学生で占められている。漢字が日中共通ということもあって、中国からの留学は激増の一途を行くばかりか、その大多数が大卒後も帰国しようとしない。中国人留学生新聞の調べによると、大卒後、留日した中国人は、2002年の3209人に対し、2007年は1万0262人に上った。コンビニ大手のローソンのように、来春採用予定の新卒者の三分の一、30-50人を中国人新卒者にする、と明言している会社もある。

  こうした留学後も日本に居残って働く中国人新世代のことを、「新華僑」というが、彼らが独立して店を持ち、営業を集中させているのが、東京・池袋で、JRの駅を中心にして、半径500メートル以内に、中国人経営の店が約200軒もあり、最近は中国語の看板がやたらに掲げられるようになった。池袋西口北側に「中華街」を新設しようという声は、昨年あたりから「新華僑」間におこった動きで、北京五輪開幕の8月8日、池袋のレストランで「東京中華街促進会」が結成され、元広告社員で、いまは個人営業の胡逸さん(46歳)が会長に選ばれた。

 他方、日本のある不動産業者が上海で、日本におけるマンション、別荘物色ツアーを募ったところ、30歳ー50歳代のベンチャー企業家、金融業者など9組、11人の応募があった。彼らの”日本買い”の目的は、投資や子息留学宅用のほか、日本を”第二の定住地”にしたい意向もあった、という。彼らは東京都内のほか、熱海、湯河原、房総半島などで、3千万ー1億2千万円の物件10ちかくを見てまわったが、バブル経済下の上海、北京よりも、日本に対し”割安感”をいだいて、いったん帰国したらしい。

 ただ、こうした中国側の動きに対し、地元・日本人の感情は複雑なようで、池袋西口商業連合会の三宅満会長(63歳)は、「とつぜんチャイナ・タウン建設などを言い出されても、アワを食ってしまう。まず地元の町内会、商店会に入りなさい、と言いたい」と、語っている。同連合会の話では、池袋の「新華僑」は、従来、こうした地元の会に参加せず、街灯代などを出さないばかりか、ゴミの出し方なども勝手気ままにやっていて、困っていたという。
(R・H) 2008,08,29(金)
昨日(4月1日)、この世に生をもうけて馬齢を重ね、85回目の誕生日を迎えた。思えば、大東亜戦争が始まり中学3年の若さで昼夜二交代で造兵廠に学徒動員で働き、4年の時敗戦になり、学校に戻ったものの紙はなく教科書は黒塗り、食べ物は配給制で、大根や薩摩芋やこうりゃん入り御飯。学制の変更等々不安のなか混乱の青春時代を過ごした。

テーマ:雑記 - ジャンル:その他

  COMMENT(4)
この記事に対するコメント
今日は寒いですね
冬が後戻りしたかのように今朝は寒かったですね。昨日まて満開の桜も 昨夜からの雨で半分になる程 散ってしまい 今朝の散歩は 雨に濡れた道路に 張り付いた花びらの ジュウタンのようでした。その上を 犬と一緒に歩きながら、林芙美子の詩集の中にあるように、花の命は短くて 苦しき事のみ多かりき、なんて思い出しながら、一年に一度しか咲かない花なのに、もう少し咲いててほしいのに、あっと云う間に散ってしまい何だか寂しさを感じました。でもパット咲いて パット散るから 美しさに未練が残るのかも知れませんね。毎日の朝の散歩で 桜咲くこの時期が一番好きなのに、余りにも早く散ってしまう花が寂しいです。でもこのあと つつじが咲き、その後にアジサイも咲き 新緑の芽も吹き 小鳥の声も聞こえ 春は何となく散歩が楽しみです。皆さんも時間を作って 花や新緑を楽しむのに たまに 散策にお出かけになられては如何でしょうか。? 
【2014/04/04 08:09】 URL | 田中治療院 #- [ 編集]

専用の高級割烹料亭 市会議員
 翁が吼えておられることに関連しますが戦後、北九州にも進駐軍兵士用慰安所があちこちありました。それも、おそらく戦前はわが軍兵士相手だった民間人の運営。そんな業者、変わり身も早く市会議員になり、ちゃっかり市会議長にもなった。
 また格上の進駐軍専用の高級割烹料亭もあり、こちらは夫人同伴の将校らが、シボレーやビュイックという、軍の乗用車で乗り付けていました。最近、その場所に行ってみたのですが、小高い丘は分譲住宅になっています。
 なお、捕虜になったディーン師団長の活躍、当時ではなく最近知ったことです。ディーン師団長、北鮮軍のソ連製T33戦車を、バズーカ砲一発で仕留めた写真もありました。(翁の後輩)
【2014/04/03 08:06】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]

祝 85歳の誕生日
まずは、無事 85年間 生きてきた事実 お祝い申し上げます、色々 在りましたなーー
丁度 学徒動員等 激動の時代 青春時代は、アプレゲールと呼ばれた時代 色々 思い出して、今夜 7時から 翁が喜ぶ聞きたい歌謡番組が有ります それを聞いて 若かりし頃 思い出して元気出して下さい、
【2014/04/03 07:20】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]

食べ物は配給制
 翁の世代からはるか遅れる者ですが、戦後の配給制である日、なにか穀類の代わりと称して砂糖(ザラメ)が一家当たりバケツ一杯割り当てられた鮮烈な記憶があります。配給所の担当のオヤジは、「台湾の砂糖だ」とか言っておったが、いま思えば統制品の放出で、穀類はヤミに流れていたのかも知れません。そのザラメをヒシャクに載せて焼き、カルメラをなんども食べた~~

 やがて来る朝鮮戦争~~このあたりが清張サン短編「黒地の絵」の真骨頂で、小倉は前線の一大兵站基地。確か、戸畑夜宮の旧松本邸(現、西日本工業倶楽部)が接収され、米第24師団長ディーン少将が住んだ。
 毎朝、戸畑沢見の「ジープ道路」を経由、ジープが先導の軍乗用車にディーンが乗ってキャンプ小倉まで通勤、わたしも見に行ったものです。思えば、マッカーサー北九州版でした。

 でもディーン師団長、朝鮮戦争で行方不明、やがて捕虜になったらしいと分かったら、わがオヤジら、「だから毛唐はだらしない」と酒を呑み、占領軍へのウップン晴らし。ところがディーン師団長、前線で敵包囲の中を孤軍奮闘、ゲリラ戦も展開し最期に捕虜となっていた。休戦協定後に解放され、名誉帰米の途中、小倉にも立ち寄ったディーンさんに、シンブンが「お帰りなさい」と見出しを付けていた。卑屈な敗戦国民でした。(翁の後輩)
【2014/04/03 06:53】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ