プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
集団自衛権。
2014/03/22 [Sat]12:06
category:放言
皆様 へ
      極く当たり前の内容ですが、 大橋武郎
Subject: Fw: 真悟の時事通信(平成25年8月4日号)
集団的自衛権  No.876 平成25年 8月 4日(日)
八月四日の朝、NHKの「日曜討論」では、「議論本格化、防衛大綱の見直しは?集団的自衛権行使は、政府と専門家が討論!」ということだ。
それをちょっと観た場面で、集団的自衛権に関して、丸顔のヒゲの「専門家」が、「この国の形は、戦後七十年間定まってきたのです。それを憲法解釈で変えようとするべきではなく、憲法改正ですべきです」と言っていた。

馬鹿馬鹿しくて観るのをやめた。時間の無駄だ。 また、こういう馬鹿議論を延々と放映することは、国民を愚民とみなしていることであり、NHK、無礼であろう。
この問題に関する「討論」は、まず内閣が「集団的自衛権を行使する」と決断して総理大臣がその旨宣言し、その上で、国会で、また、NHKをはじめとするメディアでなすべきである。
その時には、政府の閣僚は、正々堂々と我が国家存立のためには、集団的自衛権を行使しなければならないのだと主張し、反対論があるならそれを論破すればよい。

国防に関しては、こういう明快な前進が必要なのだ。左翼的なことを言っておれば知的で良心的とされる戦後的閉鎖社会(日本の大学)から出てきた者のご高説を延々と聞く必要はない。
但し、政府が、集団的自衛権行使を決断する場合、その従来の定義を訂正し、改めて明確にしなければならないだろう。
従来の定義は、「集団的自衛権は持っているが行使できない」という内閣法制局の結論を導くための定義だった。
つまり、従来、集団的自衛権とは、 「他国が攻撃を受けている場合に、『自国が攻撃を受けていないにもかかわらず』自衛権を行使する権利」 というように政府は説明していた。
これは「行使不能」を説明する為の定義である。
何故なら、この定義では、集団的自衛権は、まるで、「関係のないところにちょっかいを出しに行く権利」であるかのような説明ではないか。
そうではなく、集団的自衛権とは、「他国に対する攻撃が、『自国に対する攻撃であると判断される場合』に自衛権を行使する権利」である。
そして、この権利こそ、相互に依存しつつ助け合って生きている人間存在を前提にして、家族という集団を成り立たせ、国家という共同体を存続させる為に一番必要な権利なのだ。
例えば、父親と母親は、幼い子どもに対する攻撃を自分に対する攻撃として子どもを守ろうとする。そのとき親は、「自分が攻撃を受けていないにもかかわらず」、子どもを守ろうとするのではない。
親にとっては、子どもを守ることと自分を守ることは不可分一体なのだ。
この親子の関係からくる防衛のあり方。 これは説明するまでもなかろう。人間存在の本能である。 そして、この本能が、集団的自衛権の原型である。
政府は、NHKの「討論番組」にノコノコ出て行って「昨日の学者のご高説」を聞くのではなく、速やかに集団的自衛権の定義を改めてその行使を決断し、その上で、堂々と番組に出て国民を説得し国家の将来を語られよ。
それから、「防衛大綱の見直し?」  これに関して、一点だけ指摘しておく。
それは、「専守防衛という訳の分からん防衛方針を捨て去るべし!」 ということ。
この「専守防衛」は、我が国内を「戦場」にする防衛思想である。つまり、敵が我が国に上陸して初めて発動される防衛行動のことを専守防衛という。
馬鹿言え。 これは、敵を我が国に誘致する亡国の思想であり防衛ではなく、その反対ではないか。
我が国内が「戦場」になった時は、とっくに我が国が崩壊している時である。つまり、既に防衛できなくなった時である。
専守防衛によれば、昭和二十年八月の時点でいうならば、制空権と制海権がなくなり、東京と大阪が丸焼けになり、広島、長崎に原子爆弾が投下され、いよいよ本土に敵が上陸してくる直前が「防衛」の発動と言うわけだ。
こんな防衛思想を放棄せずして、我が国の防衛はない。
仮に有事の際、専守防衛の原則に基づき、始めから我が国内を戦場として防衛戦争をしようとする軍司令官がおれば、速やかに軍法会議で外患誘致の国家反逆として死刑に処して排除すべきである。
西村真悟事務所
◎上記の記事は少し古いがが、現在集団的自衛権問題が、侃々諤々国会で議論されているので敢えて紹介した。

[閉じる]皆様 へ
      極く当たり前の内容ですが、 大橋武郎
Subject: Fw: 真悟の時事通信(平成25年8月4日号)
集団的自衛権  No.876 平成25年 8月 4日(日)
八月四日の朝、NHKの「日曜討論」では、「議論本格化、防衛大綱の見直しは?集団的自衛権行使は、政府と専門家が討論!」ということだ。
それをちょっと観た場面で、集団的自衛権に関して、丸顔のヒゲの「専門家」が、「この国の形は、戦後七十年間定まってきたのです。それを憲法解釈で変えようとするべきではなく、憲法改正ですべきです」と言っていた。

馬鹿馬鹿しくて観るのをやめた。時間の無駄だ。 また、こういう馬鹿議論を延々と放映することは、国民を愚民とみなしていることであり、NHK、無礼であろう。
この問題に関する「討論」は、まず内閣が「集団的自衛権を行使する」と決断して総理大臣がその旨宣言し、その上で、国会で、また、NHKをはじめとするメディアでなすべきである。
その時には、政府の閣僚は、正々堂々と我が国家存立のためには、集団的自衛権を行使しなければならないのだと主張し、反対論があるならそれを論破すればよい。

国防に関しては、こういう明快な前進が必要なのだ。左翼的なことを言っておれば知的で良心的とされる戦後的閉鎖社会(日本の大学)から出てきた者のご高説を延々と聞く必要はない。
但し、政府が、集団的自衛権行使を決断する場合、その従来の定義を訂正し、改めて明確にしなければならないだろう。
従来の定義は、「集団的自衛権は持っているが行使できない」という内閣法制局の結論を導くための定義だった。
つまり、従来、集団的自衛権とは、 「他国が攻撃を受けている場合に、『自国が攻撃を受けていないにもかかわらず』自衛権を行使する権利」 というように政府は説明していた。
これは「行使不能」を説明する為の定義である。
何故なら、この定義では、集団的自衛権は、まるで、「関係のないところにちょっかいを出しに行く権利」であるかのような説明ではないか。
そうではなく、集団的自衛権とは、「他国に対する攻撃が、『自国に対する攻撃であると判断される場合』に自衛権を行使する権利」である。
そして、この権利こそ、相互に依存しつつ助け合って生きている人間存在を前提にして、家族という集団を成り立たせ、国家という共同体を存続させる為に一番必要な権利なのだ。
例えば、父親と母親は、幼い子どもに対する攻撃を自分に対する攻撃として子どもを守ろうとする。そのとき親は、「自分が攻撃を受けていないにもかかわらず」、子どもを守ろうとするのではない。
親にとっては、子どもを守ることと自分を守ることは不可分一体なのだ。
この親子の関係からくる防衛のあり方。 これは説明するまでもなかろう。人間存在の本能である。 そして、この本能が、集団的自衛権の原型である。
政府は、NHKの「討論番組」にノコノコ出て行って「昨日の学者のご高説」を聞くのではなく、速やかに集団的自衛権の定義を改めてその行使を決断し、その上で、堂々と番組に出て国民を説得し国家の将来を語られよ。
それから、「防衛大綱の見直し?」  これに関して、一点だけ指摘しておく。
それは、「専守防衛という訳の分からん防衛方針を捨て去るべし!」 ということ。
この「専守防衛」は、我が国内を「戦場」にする防衛思想である。つまり、敵が我が国に上陸して初めて発動される防衛行動のことを専守防衛という。
馬鹿言え。 これは、敵を我が国に誘致する亡国の思想であり防衛ではなく、その反対ではないか。
我が国内が「戦場」になった時は、とっくに我が国が崩壊している時である。つまり、既に防衛できなくなった時である。
専守防衛によれば、昭和二十年八月の時点でいうならば、制空権と制海権がなくなり、東京と大阪が丸焼けになり、広島、長崎に原子爆弾が投下され、いよいよ本土に敵が上陸してくる直前が「防衛」の発動と言うわけだ。
こんな防衛思想を放棄せずして、我が国の防衛はない。
仮に有事の際、専守防衛の原則に基づき、始めから我が国内を戦場として防衛戦争をしようとする軍司令官がおれば、速やかに軍法会議で外患誘致の国家反逆として死刑に処して排除すべきである。
西村真悟事務所
上記の記事は少し古いがが、現在集団的自衛権問題が、侃々諤々国会で議論されているので敢えて紹介した。
西村慎吾氏は、翁の後輩氏と原田進氏がコメントで述べたように、民社党委員長・故西村栄一氏の長男である。
私は、約40年前、彼の愛国の熱血漢に共鳴して手紙を出したら彼の著書『海洋アジアの日出づる国』が恵贈された。
私は、約40年前、彼の愛国の熱血漢に共鳴して手紙を出したら彼の著書『海洋アジアの日出づる国』が恵贈された。
20日、偶然、参院予算委員会の様子を見ていたら、民主党徳永エリ議員からNHK会長・籾井勝人氏がネチコネチコ、会長就任時の発言について追及されていたが、私はブログで彼のその発言は、建前の発言の多い中久し振り本音の発言を聞いたと絶賛した。  (T)


テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
北九州市長選
今日は朝から マスコミや議員さん又一部情報屋さん いろんな皆さんから 市長選について 情報が有 午前中は振り回されました まあ~一口に言えば 自民党の候補予定者の情報ばかりで皆さん実に まことしやかに話を持ってくるので 戸惑うことが多々あります、 一件目は福岡県の現職の副知事Hさん小倉高校卒で地元の人 2件目はこのブログでも書きましたが三原議長の子息のミハラアサトさん 本人がやる気満々 非常に意欲を示している 近いうちに出馬表明するのではないかと しかし 国会議員さんに言わせると この2名 肝心の麻生副総理 及び末吉前市長 市議会の実力者 片山市議団団長 この様な自民党の実力者が全然認めてないようです しいて言えばミハラアサトさん叔父さんの三原朝彦代議士が本気になり 自民党のイシバ幹事長にアタックすればどうかなと アサヒコさんイシバさんとは非常に近いから そのような話でしたが いかなることか
【2014/03/22 21:46】 URL | 九州西安建築設計有限公司・原田進 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ