プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
恩を忘れた韓国。
2014/02/27 [Thu]15:22
category:放言


From: 岩田 収司 [mailto:gp001001548@vir.bbiq.jp]
Sent: Saturday, January 11, 2014 11:14 PM
To: 井原 等; 小野 晃; 諏訪 吉信; 西垣義治; 牟田 郁二; 谷口 賢一朗; 春木 聡
Subject: Fw: 「驚愕」 日本政府が韓国というドブに捨てた日本国民の血税論4313

皆様へ!!これだけの金を韓国にやっていたなんて、とても日本人として信じられません。恩も何も有ったもんではない。正にこれが韓国、韓国人なんですね!
在日韓国人に対する「生活保護」を打ち切って欲しいですね。
政府は改めて考え直して欲しいです。
岩田 From: 大橋 武郎 To: 大橋 武郎
驚愕」 日本政府が韓国というドブに捨てた日本国民の血税論4313
皆様 へ全く呆れた話です。
From: NPO法人百人の会
「驚愕」 日本政府が韓国というドブに捨てた日本国民の血税 (堪忍袋の緒が切れて、さすがに日本人も激怒!)
日本が1965年以降に「韓国というドブ」に捨てた血税一覧! 2014/01/09 13:27「日々佳良好」より転載永久保存版! 韓国というドブに日本が捨てた税金一覧!これでも韓国は日本に「恩はない」と言えるの?
現在も在日韓国人には「生活保護」と称して年間1600億円を施し中!
日本政府が韓国というドブに捨てた日本国民の血税、
●1965年日韓基本条約締結(経済協力金)8億ドル+α*韓国人・在日韓国人によって「盗まれた機密情報」は除く。

恩を感じない民族への施しは死に金でしかない!恥ずべき在日韓国人たち!殺人未遂、売春、ナマポ不正受給、そして強姦!

平成22年度長期滞在外国人による日本国内での犯罪者数(警察庁資料)
1位:韓国・朝鮮人 (3994人)
2位:中国人 (1252人)
3位:ブラジル人 (410人)
韓国人建設会社員 金用将容疑者(29) 先年、東京立川で就寝中の女性(30代)の部屋に侵入、日本人女性7人以上を強姦・強盗しても(反日)NHKは通名報道しかしなかった!
在日韓国人は民族教育(反日教育)が、在日犯罪を生んでいることに気づきなさい!
単位・金額はすべて、日韓基本条約締結後援助が開始された1966年当時のものそのまま。現代の価値に換算すると総額は23兆円規模になる。
23兆円は戦後だけで、欧米の植民地政策と異なり(収奪」朝鮮併合後、日本は小学校を5000校つくり 、鉄道・港湾のインフラ整備し、禿げ山を植林するなど多額のカネを投入し、感謝されても恨まれることはなかった。

 国民年金は、8月期までは二ヶ月、111,233円あったものが、10月期以降75,313円に引き下がらた。
母が婦人会連合会長していたため、年金制度が創立されるや否や、会員になり会費は滞りなく納めてきた。
それが驚くことに、累計23兆円もの大金を韓国に援助してきたとは!その上、恩を仇で返すよとは、呆れてものも言えない。今回の安倍内閣ができるまでの総理は何をしてきたのか。2,30歳若かったらエジプトやタイ、ウクライナその他のように、暴動を起こしたいほど腹が立つ。




テーマ:日本と韓国 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
日本国民は皆 吃驚 知らなかった
翁の云う通り、知らなかったネ 「見よ東海の空明けて」「勝ってくるぞと勇ましく」子供の頃の日本は強かった、情けないね 色々 事情は在ったにせよ 情けない しかし、今の日本人 どう思っているのかネ
【2014/02/28 18:45】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ