プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
刻印年金の悲しさ。
2014/02/07 [Fri]16:06
category:放言
#1・全米で9月下旬、女性型のキッス(接吻)ロボット売り出さる
 このほどインターネット通信のLivedoorニュースが伝えたところによると、全米で9月下旬、ナマの男性が顔を近ずければ、濃厚なキッス(接吻)をしてくれる女性型・”小人”ロボットが一般に売り出される。この女性型・”小人”ロボットは、「エマ(E.M.A.)」と名ずけられ、身長38センチ。ブラジャーつきのバストや、パンティをはかせたヒップが、それなりに張り出している。

女性型・”小人”ロボットは、5つのモーターで動かされ、相手の姿勢の角度、視線、音声などに反応するセンサーが、両手、クビ,胴、肩、ヒジ、ヒザ、両足など、10数ヶ所に取り付けられていて、ナマの女性のように、しなやかで多彩な動きをする。肝心のキッスは、男性が顔を”彼女(?)”にまっすぐ向けて、接近するとき、OKとばかり、情熱的に振舞ってくれる。”彼女(?)”はダンスもし、”名刺”もチャンと渡してくれるが、ダッチ・ワイフのような役割も兼ねるか、どうかは、今後の課題らしい。
#2・年金からの天引きに後期高齢者、怒りの座り込み(新潟)とデモ(大阪)
 後期高齢者(長寿)医療新制度の保険料が年金から天引きされる2回目の徴収日、6月13日、新潟市では同県社会保障推進協議会の坪谷誠会長ら15人が、新潟市役所まで、「座り込み」を行い、新制度の廃止を訴えた。大阪市では、6月12日,全日本年金者組合大阪府本部など、後期高齢者関係7団体の”老人”約500人が、新制度中止を求めて、大阪府庁前、自民党大阪府連前などにデモして回った。”デモ隊員”たちは、『怒り』などのプラカードを、高々と掲げ、新制度廃止まで、断固、戦うと、呼号してまわった。
#3・携帯電話操作のための”トイレ難民”約5割

 他人に見られたり、聞かれたりするのを恐れて、事務所などのトイレに閉じこもり、携帯電話を操作する”トイレ難民”が急増しつつある。5月末から6月初めにかけて、民間の調査機関、アイシェアがケータイ使用者、男女あわせて743人にアンケート調査したところでは、彼らの5割ちかくが、トイレ利用のケータイ使用経験者だった。このニュースは、インターネット通信のCENT JAPANが伝えたもので、これら、ケータイ操作のための”トイレ難民”の内訳は、次の通り。
<<トイレを利用する頻度>>(1)「時々、トイレを利用する」35・7%。(2)「頻繁にトイレを利用する」13・5%。
<<何のためにトイレを利用するのか?>>(1)「Eメールを発送信するため」87・4%。(2)「ニュース等をノゾキ見するため」25・2%。(3)「秘密の”通話”をするため」21・4%。(いずれも兼用の場合あり)。
<<誤ってトイレに携帯電話機を落とし、水没させた経験者>>全体で約2割。男女別では、女性が21・2%、男性が12・2%。
<<なぜケータイ操作をトイレでやるのか?>>(1)私用だからコッソリ隠れて操作したい。(2)勤務中、他人目を盗んで、Eメールをチェックできる場所は、トイレしかない。(3)トイレでしか、気が休まらない。(パーセンテイジは非公表)。
なお対象者743人の性別比率は男56・1%、女43・9%。年代別では、40代が39・2%、30代が35%、20代が25・8%だった。
(R・H)   2008,06,14 (土)

籾井新NHK会長の発言は正しかった。心ある者は心底みな思っている。残念なのは、民主、共産 社民の攻撃に謝罪し前言を取り消したことだ。 (T)

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ