プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
首都決戦ー舛添か細川か!
2014/01/23 [Thu]10:45
category:放言
 昨日も書いたが、都知事選には安井誠一郎の56歳での出馬が一番若く、後の六人の都知事経験者は、全員60歳台で出馬した。東京都は、戦時中の昭和18年に東京府と東京市が合併して誕生し、市は23の特別区に分割された。首都機能を強化する目的での合併で他の道府県にはない権限をもち、固定資産税など3税の45%を23区から吸い上げ、上下水道や消防事業を担ってきた。
また、全国民の1割以上にあたる約1300万人の人口を抱え、知事の下には警察や消防などを含め、鎌倉市の総人口に匹敵する約16万人の職員が働き、都の予算は韓国を上回る。
平成7年4月に誕生した青島幸男知事の場合いは、何と驚くことに、選挙期間中、夫婦でカナダに旅行していたとか?
 全く巫山戯(ふざけ)ている。案の定、1っ期で退陣した。
今回の都知事選は6年後に東京五輪を控え「新知事は継続性から2期8年やってほしい」と望む声が横溢している。
しかし、細川氏の場合い、過去の例からいって何時ケツをまくるかわからない。東京は、地方からの流れ者が多いから、青島幸男を当選させたように、恐らく面白半分に投票するのではないか。
従って、どちらが当選するか分からない。

テーマ:2014東京都知事選挙 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
イノセに430万の半分近くが「浮動票」だった
 翁ご指摘、東京都の歴史~~ここは言わば、「東京市長&首都県知事」という地方自治異型体です。
 ところで、われわれが使ってきた「浮動票」、最近は「無党派層」とまるで人格を与えたような表現になっていますが、でも実態は浮動票。
 一昨年末、イノセに430万票も与えたその半分近くがこの「浮動票」でした。(翁の後輩)
【2014/01/23 19:00】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]

都知事選・細川さん
本日 告示の都知事選 東京発 よほどの事がない限り 舛添 大差とまでいえないが 圧勝でしょう、理由はいろいろありますが 間違いないようです。細川さん 私が初めて会ったのは 1993年の衆議院選 北橋の衆議院選に応援に来た時です、1986年に初当選 1990年に落選1993年捲土重来を期しての2期目の選挙でした、ここで落選したら もう北橋2回連続落選で政治生命終わりということで必死の戦いでありました、一方細川さん 日本新党を立ち上げ絶頂の時で 各選対より引っ張りだこ ものすごく苦労して応援にに来ていただいたものです、この日は小雨が降っていて細川さんが到着した時 雨にぬれて彼が入って来 その時北橋が タオルで一生懸命細川さんの背広を拭いていたのが印象に残っています。その後7党1会派の細川連立政権が誕生しましたが
【2014/01/23 18:59】 URL | 九州西安建築設計有限公司・原田進 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ