プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
事実は小説より奇なり。
2014/01/07 [Tue]16:35
category:放言
#1・安全ベルトをしていなかったからと言ってセックスを強要した警官、豪州での話
我が日本では6月から改正道交法によって後部座席の乗客も安全ベルト着用が義務ずけられたが、オーストラリアでは、このベルト着用を忘れていた女性に対し、交通違反を大目で見逃し、検挙のかわりに、彼女に数回、セックスを強要していたビクトリア州の警官(当時、43歳)が、恐喝ならびにワイセツ行為未遂で逮捕、起訴された。これは豪ABCニュースが2日、伝えたもので、事件は昨年1月におこり、彼・警官は、女性のベルト不装着をネタにして、強引に彼女宅を何回も訪問、セックスを強制。ついに彼女から、その行為を告発されたモノである。
#2・40代の熟女・美人妻に見せかけた69歳の老婆が、20歳年下の男を結婚詐欺
お化粧がうまく、近所でも40代の熟女・美人妻として通っていた69歳の老婆が、なんと20歳も年下の男性・派遣社員Aさん(49歳)と”重婚”し、100万円をダマし取っていたという事件が、栃木県真岡(モーカ)市でおこった。下野新聞などの報道によると、彼女は3日、真岡署に詐欺容疑で逮捕された茨城県桜川市の「農家の奥さん」深谷ハツエ(69歳)。彼女は既婚者だったにもかかわらず、昨年1月、偽名を使い、『40代前半の独身』といつわって、二,三十キロ離れた真岡市結婚相談所に登録。その紹介でAさんと結納までかわし、三々九度のサカズキをかわして、同居した。”結婚式(?)”から一、二ヵ月たったころ、「義兄が困っているので、カネを貸して欲しい」といって、現ナマ100万円を巻き上げ、ときどき桜川市の”実家”の方にかえり、夫婦生活(?)をサボッていた。そのころには、Aさんも、化粧を落とした彼女の”素顔”や、やや腰が曲がっている彼女の挙動に不自然さを覚え、秘かに警察に届け出て、深谷の犯行がばれたらしい。深谷は日常、体の”お手入れ”に気をつかい、肌はツヤツヤし、毛染めで黒髪がフサフサしていた、という。桜川市の人々は、この事件をい知って驚き「本当は、そんなお婆さんだったのネ」と、アキれている。
#3・日本は徳川時代中期から『世界七大帝国の一つ』、東北大教授の新説
『日本は徳川時代中期から世界七大帝国の一つとして認められていた』--こう言いきった新学説が、東北大文学部の日本近世史担当、平川新教授から発表された、と3日、朝日新聞(東京版)が報道した。平川教授は、当時のオランダ学者、桂川甫周が寛政六年(1794年)著した『北サ(木ヘンに差)聞略』を引用したモノで、甫周は北方漂流民、大黒屋光太夫の帰国ハナシをまとめている。光太夫は日本近海を漁船で漂流中、露艦に救われ、ロシアに連行されて、在露生活10余年。その間、ロシアのエカテリーナ女帝から7回も”お呼び”がかかり、会食も”賜る”ほどのモテ方だった。これは、当時、東アジアの大帝国だった清(現中国)に対抗した処遇ぶりで、彼女が日本を、清に劣らぬ世界七大帝国の一つと、考えていた証拠と、平川教授は見ている。
(R・H)   2008,06,03 (火)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  COMMENT(2)
この記事に対するコメント
北九州商工会議所・賀詞交歓会
本日、北九州商工会議所 主催の新年 賀詞交歓会 に出席した 会場のホテルは大盛況の感 主催者発表では昨年より200人程度オオバーらしい 1400人の出席とのこと 県知事はじめ市長、北九州経済界のトップ 国会議員をはじめとする各級議員団 大体この会合に出席すると皆さん顔がそろっているので正月の挨拶が一回で済むとおおむね好評である 話の内容はやはりアベノミクスの期待感これが大きな焦点であった、日本経済のデフレからの脱却 また株価の上昇 私も知事をよく知っていて個人的に5分程話をしたが知事の話では今年の新年の会合はどの会合も2割ばかり参加者が増えていて経済に関する期待感が一杯である 大いに喜ばしい限りですと私に言っていましたが 本当に日本の経済よくなればいいが 私は疑問である。
【2014/01/08 19:06】 URL | 九州西安建築設計有限公司・原田進 #- [ 編集]

やしき たかじん
翁は、たかじんの、テレビ番組 「なんでも いいんかい」の大ファンだった。何が有っても、この番組は、欠かせなかった、翁との話の中で たかじんと云う名前を知り 時々 見る様になったが、出演者が それぞれ好きな事を言い合う番組だった。翁の好きな番組が無くなり淋しくなったネ 世の中も変わってきた 我々の、若い頃は、年寄り連中に 「今の若いもんは」と良く 云われたが、今は反対になった 変わったのは、地球規模 気象状況から、人間の物の考え方、見方、そして アベノミックス 政治手腕は、ボンボンの考え方、貧富の差が広がるだけ、 政治は難しい 今朝のニュースで、都知事の候補者に北九州の出身者の名前が出ているが、政治手腕は、疑わしい、これもマスコミで有名になっただけのものだ。いずれにしても,エイジングにとっては淋しく、なって行く 今の総理のパホーマンスは国民の関心を集めて、権力の増加を目論んで、好い総理と云われる事を第一に考えている 政治は国民の末端まで 考慮して行う責任がある 云っている事は判るが、国民全体の政治 もっと 政治に相応しい政治家は居らんかネ 
【2014/01/08 07:09】 URL | やじうま根性 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ