プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
張氏処刑に思う。
2013/12/15 [Sun]09:04
category:放言
 三人の兄妹の中から金正恩を金正日の後継者に選び、その上保護者のように影で支えてきた叔母の夫・張成沢を突然逮捕し、軍事裁判で、本人の弁明も聞かず問答無用とばかり、僅か4日で死刑を宣告し、即日、銃殺したと報じている。
これから先は、私の独断も偏見だが私見を述べてみる。
張成沢が金正恩を笠に着て、威張り散らかし顰蹙をかうと共に、独断専行したのではないか。
何れにしても、こんな義理も人情もかなぐり捨て、裁判もあるかなきかの状態の国家は、何をするか分からないだけに、国際的も信用を失うだろう。
今回の事件で、中国に近い幹部を処刑または追放しているだけに、唯一の支援国の中国の動向しだいで、経済が行き詰まる怖れが出てきた。経済が混乱すれば、金正恩が若いだけに、破れかぶれ何をするかわからない。
しかも、日本の大東亜戦争の直前をみても分かるように、主権を軍部が握ったら、暴発する可能性大である、
北に隣接する中国、韓国はいうに及ばず、日本も臨戦態勢を敷く必要があるのではないか。
独裁国家は、ヒットラーのドイツをみても分かるように恐ろしい。

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
ヒトラー暗殺・クーデター未遂事件
 翁、昭和30年代ですが、八幡春ノ丁停留所前だったと思う映画館、弥生座(??)だったか、名前は思い出せない二本立て映画館で、西ドイツ映画「暗殺計画7.20」原題「DER 20 JULI」を見たことを思い出しますが、展開がそっくりですね。

 映画「暗殺計画7.20」は、ヒトラー暗殺・クーデター未遂事件を描いたもので、まぁキネマ旬報とか、洋画オタクの世界でしか、話題にもならなかった。クーデター未遂に終わり、実行者、フォン・シュタウフェンベルク大佐らは翌日、早々に殺害された。

 最近では男前俳優のトム・クルーズがこのシュタウフェンベルク大佐に扮した映画「ワルキューレ」が、日本でも公開されたが、トム・クルーズのファン女性向きではないから、これも話題にもならなかった。

 それにしても昭和30年代、春ノ丁はまだ大人の娯楽の町でした。ラーメン屋もメンマだけでなく、海苔を一切れ置く、当時としては珍しい店もあった。
 翁、話をそらしてすみません。(翁の後輩)
【2013/12/16 07:17】 URL | 翁の後輩 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ