プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
性は人それぞれ。
2013/09/19 [Thu]16:09
category:放言
『50歳の”熟男”を”強姦”して逮捕された53歳の米”ウバ桜”』

 「なんでもあり」の”超大国”アメリカだが、53歳の”ウバ桜”が50歳のボーイフレンド・”熟男”を”強姦”(正確には第三級・性的暴行)した容疑で、警察に逮捕、拘束されるという事件がおこった。これは、米国の軟派通信、ビザレ(奇ッ怪)ニュースが、このほどた伝えたモノで、逆”強姦”事件の場は、米中西部コロラド州ロングモントという町である。

 
 逆”強姦”を犯したのは、このマチに住むジャニス・マッカールという、デブチョの”ウバ桜”で、”熟男”のバーベキュー・パーティに招かれ、出席したまではよいが、どうやら彼女は「ある目的」をもって、コッソリ睡眠導入剤をポケットの中にひそませ、訪れたらしい。したたか飲み食いして、眠気を催した、その”熟男”がベッドに潜り込んで、スヤスヤすること二、三時間。夜半、お尻の方がゴソゴソおかしいので、ぼんやりした目を開けると、マッカールの指が”熟男”の肛門のナカに入り、ウゴメいていた。

 しかし、眠気もあって、その時は気にせず、グーグー寝込み、早朝、目が覚めると、ナンとベッドの片側にマッカールがハダカで寝そべっていた。彼女の肉体には、かすかに血のアトがり、サイドテーブルの上には、ベトベトしたローションの瓶が開けっ放しで置かれていた。「さては、眠っている間に、ヤラれたか」と思って、”熟男”が”自分の息子”をアラタめると、ザーメンがついたティッシュペーパーの紙片が・・・・。

 ビックリした”熟男”はマッカールを第三級・性的暴行容疑で訴え出たが、もともと両者の間には性的関係があり、女性による逆”強姦”罪が成立するか、どうかは、キワどいところらしい。とにかくメンスのあがった”ウバ桜”が御催し、「アイツとヤッてみよう」というコトになったのではなかろうか。
(R・H)

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
この記事に対するコメント
 初代PTA会長、校歌作詞者
 翁、「なんでもあり」の”超大国”~~RHさんは、こんな軟らかものも書いているのですか。元記者サンのRH教授は「執筆芸域」が広いですね。
 ところでかつての翁の杉田久女の話、やはりおっしゃる通り。わが横山白虹最終印象・判定は言わば文化政治屋のジイサン。わたしの出身中学の校歌作詞、初代PTA会長でもありますが、そんな可愛いポストには満足せず、なまぐさい小倉市会議長職も。白虹は実に時代の文化と権力のツボを心得ていた。
 後年、大新聞社幹部も取り込んだし、松本清張には恩人であろうし。何よりも芥川賞受賞でトーキョーで名前が売れ始めた清張を支え、さらにチャッカリ乗った地元教養人。
 生前のテレビ画面でうかがった限り白虹は、インテリ好々爺の印象。またある短文で、森村誠一青年を「清張くんに紹介した」とあったが、その森村は清張から冷たい扱いを受け、それが執筆のバネになった様子。
 翁の青春時代と違って、わたしども高校時代は、優等賞の名前だけの杉田宇内先生を存じ上げないが、校長を先頭に20年、30年勤続の古ダヌキ教師が多く、宇内先生のこと語られていました。
 清張の短編「菊枕」~~これは実にひどい。「菊枕」は芥川賞受賞直後。この初期の短編制作ヨイショに、白虹が”暗躍”したらしいのは、多くの研究者の指摘すること。清張は晩年、久女の遺族に謝罪したと聞きますが、清張特有のイメージ独り歩きが激しい。舞台装置がフィクションでも、「人のよい小倉良民」は実在の久女をこんな人物と思う。
 「半生の記」では、大家の息子「亀井の坊ちゃん=のちのワンマン知事」がサラリ登場ですが、執拗な記述の久女に明らかにネタミが。清張モノでも、朝鮮戦争時の黒人米兵集団脱走事件を描いた「黒地の絵」は臨場感あるが、それもそれ、清張自身がその小倉にいたわけだから当然。逆に現場に遭遇していないものは余りに想像&創造たくましい。
 国鉄下山総裁失踪・死亡事件は占領下での米軍謀略説でしたが、最近、公開の米政府公文書でハッキリ「下山総裁は自殺」との報告。逆のケースで近年、「マッカーサーを叱りつけた男」なんて、ウソコの白洲次郎像が誰かの小説、テレビにも登場しましたが、この白洲次郎こそ米キャノン機関とツーカーだったのが実像。
 ところで、時代という「厳かな消去法」~~わが母校初代PTA会長、校歌作詞者たる白虹没後に、忽然と久女再評価のうねりが起こったのは、翁のご指摘通り、何よりの証拠です。(元小倉高校生)
【2013/09/20 17:51】 URL | 元小倉高校生 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ